麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第156回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第156回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節三回戦B卓

▼対局者
小林剛
ASAPIN
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 が通っているのでは両スジ。アンコで持っているのでシャンポンにも当たりません。こちらもテンパイである以上、対リーチだけみれば押し得でしょう。
 しかし問題は下家の仕掛け。マンズホンイツ傾向の仕掛けから手出しで無スジ。実際はノーテンから最も通りやすそうという理由で切られた牌でしたが、テンパイしているとすれば5枚使いのはいかにも当たりそうなところ。西家が中張牌連打からの切りリーチなので、と何かのシャンポン待ちだとするとがあまり残っていない(実際はのリャンカンが埋まってリーチ)というのもあります。

 テンパイを崩しましたがが重なり再度テンパイ。東家はツモ切りを続けているので手牌変わらず、タンヤオが無くなりこちらの打点が下がったにも関わらず今度は押し。南家も仕掛けてきているので、もし東家南家ともにテンパイしていれば、降りて流局すると3000点の失点。それならで東家に振ったとしてもやむなしというところでしょうか。個人的には打点重視で最初のテンパイで追っかけリーチを打ってそうですが、今回の選択も状況に応じたうえでの判断なので一貫性が無いわけではありません。

 ラス牌のをツモって800−1600。即リーチなら満貫以上をツモっていましたが、ダマにして放銃を回避できるケースも少なくないので判断が難しいところです。

 ホンイツをぼかすなら打ですが、打でタンヤオにみせた方が役牌を鳴きやすく、手が早そうな北家にが当たりになりやすいこともありから切ります。

 待ちテンパイが入った北家から跳満をアガリトップに浮上します。

 タンピンドラドラテンパイ。跳満ツモでもトップに届かない3着目ということもありダマに構えます。

 基本的には巡目が早いほどリーチ有利なので、テンパイ時点でダマ有利ならダマを続行しますが、東家のトイトイ2フーロに対して生牌のドラを切ったとなれば、ダマでもテンパイと読まれやすい。ダマにしていれば比較的他家から出やすそうなが出てこないので、まだ山に残っていてリーチしてツモりやすいというのもありそうです。ツモ切りリーチだとそれまではダマにするのが合理的だが、ドラを切る程度に勝負に見合う手と読まれやすいので空切りを選択。はこの時点で何と山に6枚。東家がリーチを受けて降りたためにアガリ逃し、そのおかげでこちらがアガリ牌をツモれる展開になれば最高です。

 しかし結果的にはアガリ牌6枚のうち4枚が他家に流れ、2枚は王牌になったため流局、ダマにしていればすぐアガれていました。今回は裏目に出ましたが、ダマに受けた場合は常にリーチに転じる選択が残っているということを押さえておくようにしたいですね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top