麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第157回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第157回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節四回戦B卓

▼対局者
ASAPIN
Ⓟ木原浩一
小林剛
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 この半荘でトップを取らないと足切りになってしまう木原プロ。ブロックが足りていないのでドラをスルーしてチートイツかメンツ手でいく手もありましたが、スルーして先制テンパイを取れるかは微妙なところなので、他家への牽制も兼ねてトイトイか役牌後々付け狙いのドラポンというところでしょうか。

 しかしドラポン込みの2フーロは牽制狙いの遠い仕掛けであるケースが少なくないことは他家も百も承知。親の平和ドラ1ならトップ目とはいえ他家の仕掛けをケアするくらいならリーチを打つところですが、どうしてもトップが必要な相手の仕掛けならなおのことまだテンパイしていない可能性が高まるのでなおのことリーチと言えます。

 対親リーチにノーテンから加カン。通常では有り得ない選択ですが、ここで東家にアガられて点差を広げられればいずれにせよ足切り濃厚。可能性は僅かとはいえ、運良くテンパイして、運良く東家から跳満以上を直撃できる可能性をみます。

 しかしそううまくは行かず東家が裏1の11600アガリ。「ラス目の押し返しが怖い」という話をよく聞きますが、本当に恐れるべきは、「押し返されると損になるほどの勝負手が入っている他家の押し返し」。アガリに遠いところからでも押し返さざるを得ない他家がいる場合は、なおのことリーチが有力になります。

 ソーズは待ちになれば4メンチャン。のリャンメントイツ形を残せばヘッドレス形になりやすい。シャンテン戻しになるとはいえ、ツモならペンテンパイよりくっつき1シャンテンの形が残る方がアガリやすいというだけでなく、タンピン高め三色まであるのでペンチャン落としが有力そうです。

 今回は南家のにラグがかかっていたのかもしれません。それなら西家にトイツ以上の可能性が高まり、を残してもメンツになりづらいため1シャンテン取りの打が有力でしょうか。

 はポンしてクイタン移行。ここで更に得点を稼げたことで、トータルトップとの差が縮まり優勝が十分狙える位置で対局を終えることができました。大会形式であれば、トップ目でも手が入れば更に加点を狙いにいくメリットも高まるため、稼げる時に稼ぐ技術も押さえておきたいところです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top