麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第31回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第31回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節三回戦A卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ松ケ瀬隆弥
小林剛
お知らせ

牌譜はこちら

東1局

2枚切れでにくっつけばタンヤオがつくとなればカンチャンを外したくなりますが、東家がソーズ染め傾向。全体的にもソーズが場に高くマンズが安いのでカンチャン残し。

チー打待ちに受けた方がアガリやすそうに見えます。しかしソーズ染め傾向の東家からはも出る公算が高いので、単純に1枚多い待ちの方がよいかもしれません。

東2局0本場

は鳴かれやいので一発消しされやすいのと、ドラ引きをみて1巡だけダマというところでしょうか。個人的には即リーチしそうです。

東2局1本場

引きに加え、空切りできる牌を持ってきた時にカン待ちを読まれにくくする狙いのダマ。

安め3900になる1枚のみ。ツモの手変わりもあるのでダマに構えます。

手変わりする前にが北家から切られてしまいましたが、これ以上手変わりを待ちづらく、他家からしても役無しカンをダマにしていたケースは想定しづらいのでここでツモ切りリーチに踏み切る手があったように思います。押し返されるリスクはありますが、それでも親のカンチャンリーチドラ1なら十分許容範囲とみます。

東3局

メンタンピンかピンフドラ1になればダブルリーチするより高打点。ツモでもアガリやすくなるので、最序盤ならアガリ率もテンパイを外した方が高そうです。

南1局

東家はを使ってなさそうですが、西家北家はを使ってなさそうなのでどちらかと言えば単騎でしょうか。実際はが東家にトイツでしたが…

の外側ツモで先にを切っていた方が単騎待ちを想定されにくいという利点もあります。をツモった段階では残り1枚だったのでツモ切りましたが、をツモってリーチ。トップ目の北家は現物切りでもテンパイに取れましたが、流石にこの形なら切りの一手。まさか当たるまいと思った牌が単騎で当たり。対局でも観戦でも特に盛り上がるところですが、やられる側にはあまり回りたくないものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top