麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第40回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第40回

CABO求人MEWS
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節二回戦A卓

▼対局者
おかもと
小林剛
就活生@川村軍団
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

東4局

ピンズはタンヤオ目のある4連形につき残す。4連形からターツが出来た場合は受けも残っていた方がよいのでペンチャン落とし。この手牌ならいずれにせよシャンテンを戻すところですが、「先制悪形リーチで相手を降ろして流局」が嬉しいのは自分の手が安い時ですから、ドラドラの時こそ後手を踏むリスクを承知のうえでアガリやすさを優先すべきです。

一発ツモで6000オール。トップを決定付けるアガリになりました。

南3局1本場

ラス目の親で4巡目にしてチートイツドラドラテンパイ。チートイツの単騎は手変わりがそれほど多くなく、点数状況的にも加点のメリットが特に大きいので即リーチ。

序盤リーチに宣言牌なら、より浮き牌であったパターンがずっと多いもの。はワンチャンスの中でも比較的安全な部類です。降りに徹するなら一番安全な現物から抜く事になりますが、安牌が増えなければ次は二番目に安全な牌を切ることになります。それならば先に二番目に安全な牌から切ってアガリ目を残す打

現物以外に通りそうな牌が増えてないといってもドラとなると押しづらいですが、1シャンテンでラス目の親を流す価値が高い3着目ということもあってかここでも押し。

そしてテンパイしたところで何と三色に受けない打ダマ。切りリーチでが通ったので、カンよりはカンが有り得る。ラス目の親を流せる可能性を最大限に高めたい局面で、この牌が通りさえすれば北家がトイツ落としでを切ってくれそう。言われれば納得ですが、結果的にが止まっているのが恐ろしいところ。のみ手ですが値千金のアガリになりました。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top