麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討  第3回

ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討 第3回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第十期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦1卓

▼対局者
(≧▽≦)
太くないお
小林剛
Ⓟ木原浩一
 

牌譜はこちら

東1局

対親リーチの一発目に両無スジは押しづらいですが、以外に安牌が無く単騎なら出アガリも期待しやすい。2600あるならギリギリ押しに分があるように見受けます。

が全部通るのでメンツ落としからの回し打ちも期待できます。ただドラと持っているなら聴牌以前にが切られやすく、で振っても安目なのでツモ切りも有力に見受けます。

うまく回って先行リーチから満貫直撃。幸先の良いスタートになりました。

東3局2本場

残り2枚。イーペーコーと345三色とドラがあるのでチートイツを崩しても打点が下がらない形。単騎聴牌を維持するくらいなら打で聴牌を外す方が和了率は高いでしょうか。

ただし打は悪形聴牌が残る場合もあるのでリャンメン×2の1シャンテンよりはややアガリ率が下がり、単騎でも同程度には和了の見込みがありそう。単騎をツモれば跳満、裏が乗れば倍満に届く打リーチが案外良く見えます。何とも迷うところです。

東4局

ラス目につき高打点を狙いたいところですが、3枚目かつ鳴いて3900となれば鳴きの一手とみます。

南3局2本場

鳴いてタンヤオドラ3の1シャンテン。もちろん手を進めるのですが、切ったのはではなく。局を流すだけで十分なダントツの下家が親で役牌をポンして最終手出し持ちの5800以上に放銃する可能性も少なくないので切るなら聴牌勝負というところでしょうか。結果的には振っても2900止まりで、上家の一人聴牌に終わったのですが好判断と言えましょう。

南4局4本場

対門にが当たるとすればのシャンポン聴牌からをポンして待ちを変えたケース。これよりはソーズでメンツが完成してマンズ待ちになっていることの方がずっと多そう。下家と聴牌ノーテンでもラス落ちである以上切りで聴牌を目指すのもやむなしというところでしょうか。下家の立場からすれば南3局2本場で耐えたのが結果的にラス回避に結びつくことになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top