麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討  第2回

ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討 第2回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第十期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦1卓

▼対局者
太くないお
Ⓟ木原浩一
(≧▽≦)
小林剛 

牌譜はこちら

東3局

リーチしてツモって裏が乗るようなら、平和をつけても100点高くなるだけ。それならをポンして和了を目指す手順を残す打が実力者の中でトレンドになったこともありました。リャンメンがやや薄く門前和了が厳しそうというのもを後押しする理由でしょうか。

しかし私は打推奨。打点面だけでなく、先に他家に待ち聴牌が入る可能性も少なくないのがその理由。この手なら他家リーチが入っても押し返す手順を残したいところ。完全に降りるつもりなら安牌の数が多い方がよいですが、今回は雀頭より浮き牌を安牌として残すのが望ましいと判断します。

平和がついていればダマにして結果的に打点変わらずですが、その場合はこのが別の他家のツモ牌だったとしても和了できた可能性が高いです。

東4局0本場

残り2枚、を残すとを切っているのもあり待ちが読まれやすい。は完全安牌ではありませんが、これくらいなら先切りでしょうか。

北家は一見ピンズホンイツ狙いにみえてここで手出し。役牌後付けの手からホンイツ移行狙いがありそうです。それならホンイツ狙いとしても将来単騎にしか当たらないが待ちになる可能性は薄いでしょう。もし南家がをツモ切っていれば西家が待ち聴牌。これもから切った方がよく見えます。

2連続で赤3枚入りの和了。他家を大きく突き放します。

聴牌時点では比較的他家が使いづらい端寄りのシャンポンを選択。しかしリーチが入ればいずれにせよリーチ者以外の他家からの出アガリは期待しづらい。が切られたのでも放銃率は大差ないですが、を止められるように打を選択。

一旦北家の当たり牌を止めましたが、こうなれば放銃は止む無し。のみでも聴牌に取れた時点では聴牌有利なのですから降り打ちは気にしません。

南3局

鳴いて1シャンテンに取った方が和了しやすいですが、東家がソーズホンイツ傾向なのでにくっついてもあまり和了しやすくならず、点数状況的にも安牌になりやすい牌は抱えておきたいことからチー打。このあたりも発想がないとなかなか選びにくい打牌です。

自分でを切っているにも関わらず打。東家の手出しがあるとはいえ、が当たる可能性はそこまで高くないようにも見えます。

しかし前図でを止めることで、北家の満貫の和了牌を止めつつ和了することができました。実力者が仕掛けに対してやや引きがちなのは、このように他の危険牌を止めつつ和了の目を残せる可能性も踏まえてのことでしょう。優劣を判断するのは難しいですが、押えておきたい技術の一つです。

南4局

北家に逆転されるとすれば満貫直撃か跳満ツモ。1位の順位点が5万点、2位が2万点なので、素点稼ぎで打から入る手もありそですが冷静に打

西家から2900出アガリ。小林プロが2連勝を決めました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top