麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討  第16回

ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討 第16回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第十期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦4卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ高津圭佑
Ⓟ渋川難波
豚の王

牌譜はこちら

東4局

客風から切って対子ができれば七対子1シャンテン。刻子ができれば三暗刻1シャンテンなので、一気に染めた方がよいかは案外微妙なところ。とはいえ役牌ポンから手を進めることが多く。安牌残しの意味合いもあるのでやはり落としでしょうか。

基本的に門子手の単騎待ちになった場合は、聴牌取りダマなら手変わりを待った方が和了しやすいです。

しかし今回のように、上家の仕掛けにピンズリャンメンを落としづらい。あるいはピンズリャンメン待ちが残った場合に特に和了やすそうという局面になる場合があります。こうした場合に有効なのが、順子切りの聴牌外し。外し方は色々ありますが、今回はドラで聴牌するうえに、が比較的山に残ってそうということもあり打を選択。マンズフリテン3メンチャンリーチの価値を高く見積もるなら打も候補に挙がります。

勿論満貫聴牌に取るのですが…

まさかの役満逃し。今回はどうしようもありませんが、三元牌の3種目をどこまで引っ張るかの判断も局面次第で結構変わりそうです。例えば三元牌の2種目をポンする前から降り気味の他家が多いのであれば、3種目を引っ張った結果和了逃したとしても流局で済む場合が多く、3種目をつかむ前から降りているのだとすれば3種目が山生きの可能性も高くなります。

南4局

リーチすると南家に7700放銃するとラスになりますが、聴牌不確定の相手に放銃したうえで限定的な条件が必要なのですから、シンプルにツモ直裏でトップを取れるようにリーチしてそうです。

をチーして単騎。発想が無ければなかなかできない鳴きの手筋の一つ。周辺のマンズが多く見えているので溢れやすい。ラス目の親がリーチしてきた時に現物待ちになるので出アガリが狙いやすいというところでしょうか。単騎聴牌なら常に使う可能性のあるテクニックです。

結果は北家が2600出和了で順位変わらずの2着。第二節は10月7日開催。また来月お会いしましょう。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top