麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第289回「鉄押しの条件  著:独歩・かにマジン・しゅかつ・平澤元気 その10」

ネマタの戦術本レビュー第289回「鉄押しの条件 著:独歩・かにマジン・しゅかつ・平澤元気 その10」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

鉄押し21 ダマ

 待ちを悪形相当だとしてもまだ降り有利にはなりません。「どちらでも良い」程度ならテンパイの可能性が残る分打が有力とみますが、打リーチが微差押し有利程度になるならテンパイに取る方がよいとみます。

 危険牌を切るくらいならリーチという考え方もありますが、打ダマにした場合も、手変わりを考慮しなくても降り有利にまではなりません。(リーチのみと異なりリーチ棒出費がないため)。打リーチも明確に押し有利にまでは至らないので、よりよい手変わりもそこそこあるこの手牌であれば、ダマにしてよりよい変化でリーチ、より危険な牌を引いた場合は降りを選べるダマが有力とみます。

 元々テンパイなら押し有利であることが多く、ノーテンの場合は例え場況が良くても降り有利という結論が変わらないことが多いので、むしろ注意すべきは、テンパイからでも場況が悪いので降り有利になる場合です。

 降り有利とまではいかなくても、手変わりを待った方がよい場合もあります。先攻リーチが入っている状況下で手変わりしたうえでアガれることはそう多くはないですが、悪形待ちの追いかけリーチはアガリ率が低くリーチ棒を損失することも多いため、リーチをすれば押し有利だが、ダマのまま押すくらいなら降りた方がよいという局面になることは実はあまりありません。

 それなら、先行リーチが入っていても、「明確に押し有利」になる手変わりがそこそこある役アリ悪形待ちテンパイについては、ダマで手変わりをみるのが有力であることが多いのではないでしょうか。

鉄押し22 リーチ

 場況が良いといっても程度がありますが、今回は河読みからは全員持っていないことが濃厚で、出アガリも期待しやすい牌です。ここまで条件が揃っていれば、カンチャンとはいえアガリやすさは通常リャンメン程度はあると言ってもよいでしょう。良形相当だとすればのみ手でも押せることになります。

 自分の河にが切れていないのであれば、良形相当とまでは言えず、が現物なので降りるのは容易。低確率ながらアンコを落としているうちに789三色になる可能性もあることから引き寄りとみて打とします。

 場況が良いので、元々降り有利なケースが押し有利に転じることはあまりないですが、ここまで条件が揃っていれば別です。判断が変わるだけの強い条件が揃っている時は特徴的な場況になっていることが多いものなので、河に違和感がある場合は、判断を変え得るだけの強い情報が無いかについて特に意識しておきたいものです。

本記事に関するご紹介

「良いシャンテン押し」とは何か?現代麻雀の覇者たちの押し引きの基準一挙大公開!!天鳳位が引く「押し」と「引き」の境界線!
 
独歩 (著),
かにマジン (著)
しゅかつ (著)
平澤 元気 (著)
定価:本体1,663円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top