麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第436回「現代麻雀最新セオリー 著:雀ゴロK その13」

ネマタの戦術本レビュー第436回「現代麻雀最新セオリー 著:雀ゴロK その13」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

第2章No.6

 「とりあえず麻雀研究始めてみました」では3メンチャンのアガリ率についても示されています。先制テンパイなら10巡目でも70%程度とかなりのアガリ率ですが、リャンメンとカンチャンの差ほどは大きくありません。元々の受け入れ枚数が少ないほど、受け入れ1枚あたりの価値が高いということがよく分かります。88ページのようにリーチして4翻と6翻の差であってもまだリャンメン有利です。

 満貫あれば十分ということで打3sダマという選択もありますが、こちらのデータにより基本的にリーチ優勢と言えそうです。

 高打点の手なので局収支をそのまま適用してよいか微妙なケースも増えるのは確かですが、今回は東1局のうえに巡目も早いのでなおのことリーチに分があると言えそうです。

  ドラ

 これくらいなら中盤辺りからは打リーチが有力になることが多そうです。

No.7

 カンした場合の打点についてはこちらを御参照下さい。カンしてもノベタンが残るうえに1回多くツモれるのでそこまでアガリ率が落ちない。元々安手なのでアンカンによる打点上昇が大きいと考えるとアンカンしてリーチが有力というのは納得がいくところではありますが、直感的にはやりにくい選択かもしれません。「3メンチャンに受けておけば十分」ではなく、あくまで冷静に他の選択と比較したうえで決めたいものです。

本記事に関するご紹介

最も実戦的であるという評価を受けている麻雀戦術本「雀ゴロK本」シリーズ第3弾。
今回は、雀ゴロK氏の超実戦打法に、麻雀研究家nisi氏のデータを加えて、これまでの常識を覆す麻雀の新戦術の数々を提唱する。
ライバルに差をつけるためには必読の1冊! 
 
雀ゴロK(著)
nisi(監修)
定価:本体1,512円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top