麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第449回「麻雀勝ち組の鳴きテクニック 著:川村晃裕 その1」

ネマタの戦術本レビュー第449回「麻雀勝ち組の鳴きテクニック 著:川村晃裕 その1」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

第1章テーマ1

 練習問題1の手牌はの両方の受けがかぶっている形。初見で正解を選べる人はなかなか居ないと思います。

 「アガリトップならドラは見ない」とはいえ、言葉そのものにとらわれていると、練習問題2の手牌でツモのタンヤオ変化を見落とす原因にもなります。判断はなるべくシンプルに行うべきですが、視野は広く持つようにしたいものです。

テーマ2

 アガリトップでもシャンテン戻しをした方がアガリやすいのであればそうすべきです。先にペンチャンが埋まらない限りは、を残すことでクイタンに移行する変化が残った方がアガリやすくなります。

 平場なら打とします。平場でもクイタンに移行できることはメリットであり、イーペーコー変化もあることからペンチャン落としと考える方もいるかもしれませんが、今度はツモ時にペンチャンを残し打で1シャンテンに取った先に789三色への変化が残ります。役無しの受け入れを残した先に残る役有りへの変化も見落としやすいところです。

テーマ壱

 基本的に色が違っても数字が同じなら、数字が違っても真ん中である5との距離が等しければ、アガリやすさの観点からは牌の価値は等しいです。逆に言えば牌の価値が変わるとすればドラや手役絡みということになります。一つ一つが戦績に与える影響は極めて小さいものも多いですが、選択頻度自体は極めて多いので軽視できません。特別意識しなくても正着を選べるように練習しておきたいものです。

本記事に関するご紹介

麻雀の中級者が上級者になるために絶対に必要なのが「鳴き」のテクニックです。
この本には、勝ち組の人がやっていて、それでいて今までに語られていなかったあらゆる「鳴き」テクニックがつまっています。
また、著者渾身の戦術コラムがいたるところに散りばめてあり読みごたえも抜群。
これらを学ぶことで、鳴きだけでなく麻雀自体への理解も深まり、どんなルールの麻雀でも間違いなく勝率が上がります。
 
川村晃裕(著)
木村由佳(編)
定価:1,404円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top