麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第518回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その40」

ネマタの戦術本レビュー第518回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その40」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

第5章 「裏スジは危険」ではない!

 こちらも、「裏スジでない無スジ全体」と、「裏スジ全体」の比較であることに注意が必要です。

 本書の内容に対して、「裏スジが危険になるのは序盤の手出し牌に限る」という反論がなされたことがありますが、これについても「裏スジでない無スジ全体」との比較であれば危険でないことが分かっています。

 しかし、「序盤の外側(いわゆるまたぎスジ)」が、「序盤以外の外側」より安全なのですから、それとは逆に、「序盤の裏スジ」が「序盤以外の裏スジ」よりは危険になるということは推測できます。また、裏スジが危険にならない理由はカンチャン、ペンチャンには当たりにくくなるためなので、元々カンチャン、ペンチャンに当たることがない19牌に関しては、序盤に5が切られることで他の無スジ19牌に比べると危険になると言えます。

「間4ケン」という幻想

 牌の組み合わせからすれば1.2倍程度の危険度といっても案外高いとも言えますが、押し引き判断に影響することはあまりなさそうです。

ノイズを排除せよ!

 本書以前の「読み」について書かれた麻雀本もいくつか読んだ身としては、従来の「読み」に関する戦術が単なる「デマ情報」だったとまでは思いません。限定的な局面を扱った読みに関しては、現代の視点でも理に適ったものも確かに存在します。

 問題は、部分的に成り立つ「読み」を、全体的に成り立つものとみなしてしまったことと、「何と比べて」「どの程度」危険なのかが明確にされなかったので、正しいかどうか検証されることなく言葉だけが残ってしまったということにあるのではないでしょうか。

 前回レビューしました『デジタルに読む麻雀』では、本書の内容を受けつつも、「読み」は決して不要ではないという立場から書かれています。立場的には真逆ですが、ノイズを排除し、必要な情報のみを取り入れるというスタンスはどちらも変わりません。「自分は読みがもっと上手くなりたい」と思われた方は是非とも御一読されることをお勧めします。

本記事に関するご紹介

麻雀戦術のパラダイムシフトは
ここから始まった! 
これがデータ麻雀の聖典だ! 

ツキや流れの「ひらめき麻雀」に終わりを告げた
伝説の「データ麻雀」の聖典が、全頁2色になって降臨! 
『科学する麻雀』をもっとも読み込んだと豪語する
経済評論家・勝間和代との特別鼎談「麻雀はどこまで科学できるのか?」や、
「危険を察知せよ! 読みの技術論」なども新規収録! 
強者になりたければ、本書を使い倒せ!!

 

とつげき東北(著)
福地誠(編)
定価:1,404円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top