麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第582回「麻雀AI戦術 著:水上直紀  その22」

ネマタの戦術本レビュー第582回「麻雀AI戦術 著:水上直紀 その22」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

Q47

 1手進んでも押し有利にならないので、今の時点から少しでも失点を回避するように打つという考え方自体は重要です。押すに見合わない手なら1手前から降りるということを意識しておくと、安牌が無くなって手詰まりからの放銃や、テンパイ率が低い、あるいはテンパイしていても放銃率が低いと判断した牌で放銃といった、「一見仕方無さそうな放銃」を結果的に回避できることも増えます。

 しかし今回はも共通安牌。ノーチャンスのアンコもほぼ通るでしょう。それならツモで押し返す選択肢を残すに越したことはないとみてを切ります。

Q48

 親でダブトイツとドラ2枚あるとはいえ、1手進んだとしても明確に押し有利な手にはなりにくい2シャンテンとなれば基本は降りるべきです。

 が3枚見えで単騎にしか当たらないことから、押し返す可能性がわずかに残るトイツ落としも考えられますが、将来別の他家がテンパイすることもあるので、わずかな可能性を残すよりは、共通安牌になりやすいを残していた方が無難でしょうか。切りの将来の放銃率が15.1%というのはかなり高いと感じますが(現時点の放銃率も一応単騎待ちがある以上0%ではない)、AIは共通安牌を残すメリットを高く評価しているようです。

本記事に関するご紹介

サラバ人間の思考! 
囲碁将棋につづき麻雀も、
人工知能(AI)に正解を聞く新時代が到来! 
 
ネット麻雀天鳳で最高段位九段、平均順位2.35という驚異的な数値をたたき出した最強のAI「爆打」が、迷いやすいリーチダマ判断・何切るを会話形式で回答していく。
 
難しい理論よりも、さっと読んで楽に麻雀が勝てるようになりたい人向けの本。
 
水上直紀(著)
定価:1,620円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top