麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第706回「場況を見抜く!超実戦立体何切る 著:平澤 元気 その3」

ネマタの戦術本レビュー第706回「場況を見抜く!超実戦立体何切る 著:平澤 元気 その3」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

第1章 テーマ 5

 テーマ4で取り上げられた通り、リャンメン待ちと字牌含みのシャンポンはアガリ率に大差ないので、字牌が役牌ならシャンポン待ちに受けるというのが一般的なセオリーです。
 しかし、元々のアガリ牌が多ければ他家に多少使われたところで山に残っている可能性が高く、その逆も言えるので、枚数が少なく出アガリ期待の待ちほど場況によってアガリ率が変動しやすいと言えます。問題3のようにが持たれている可能性が明らかに高いケースであればリャンメンリーチとします。


 実戦経験豊富な実力者が、昨今の研究に基づくセオリーに違和感を抱くという例も見られます。これについては問題3のように、一般論が当てはまらない例外的な局面ほど人の印象に残りやすいことが原因と考えます。例外に気を取られ過ぎてセオリーそのものを否定することは避けるべきですが、例外はあくまで例外として個別に対応できるようになることも実力向上のためには欠かせません。

 

第1章 テーマ 6

本書の通り今回の内容を全て暗記する必要はありませんが、もっと詳しく知りたい方は上の研究結果を御参照下さい。問題1は字牌が2枚見え(1枚切れ)なら打リーチ、1枚見え(生牌)なら打リーチに分があるようです。
 問題2は打リーチ。打ダマも考えられますが、局収支上はドラ単騎のチートイツドラドラは待ち牌にかかわらずリーチがダマに勝るようです。ただしダマでも最低6400点なので、場況や着順を考慮してダマに受けることもそれなりにありそうです。
 問題3のように赤があってドラ単騎にしなくても高打点になる場合は、なおのこと打リーチとして北単騎に受けるのが有利と言えます。赤が無い場合もが2枚見えであることを踏まえると打リーチに分がありそうですがこちらは微差。まずは大差あるケースで正しい判断を下せるようになりましょう。

 

場況を見抜く!超実戦立体何切る

本書は平澤元気プロによる立体何切る問題集です。麻雀の「何切る問題」には大きく分けて2種類あり、自分の手牌だけの情報で受け入れ枚数が最も多くなるような牌を選ぶ「平面何切る」と麻雀の実戦さながら、相手3人の捨て牌やポン・チーの情報などを全て加味した上で何を切るかを選択する「立体何切る」があります。

麻雀界ではここ1、2年で「平面何切る」の良書が数多く出版されたこともあり、平面何切るにおいてはかなりレベルの高い知識が共有されています。

ではその中で差をつけるものは何でしょうか?その答えの一つが「立体何切る」です。

立体何切るでは、平面何切るの知識に加えて、河、点数状況、今が何局目であるか、といった多くのファクターを考え合わせた上での最善手を導き出す必要があります。

本書は現代麻雀の立体何切る問題集として先陣を切るものであり、本書の内容をマスターすることで一群から抜け出す雀力を身につけられるはずです。

 
平澤 元気
単行本:1,663円
Kindle Unlimited
 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top