麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第831回「『超実践麻雀「何切る」「何鳴く」ドリル』著:雀ゴロK 編その18」

ネマタの戦術本レビュー第831回「『超実践麻雀「何切る」「何鳴く」ドリル』著:雀ゴロK 編その18」

CABO求人MEWS
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

 

Q171 1シャンテン押しの簡易的な基準は、「良形(リャンメン×2以上)」かつ「高打点(満貫程度)」。悪形残りでも仕掛けが利くなら、低打点でも親なら押せる場合もありますが、基本的には1シャンテンからは多くのケースで降りることになります。 今回は良形ですが低打点。1シャンテンは維持する現物の切りが無難です。

 

Q172 一通になれば高打点ですが良形ではないのでこれも降り。ただし同じ安牌を切るならテンパイの目を残すに越したことはありません。降りた方がよいなら徹底して安全な牌を切るのが基本ですが、メンツを中抜きする前に他に選択肢がないか確認しておくようにしましょう。

 

Q173 安牌が少ない1シャンテンの場合は、「良形」「高打点」のどちらかを満たしていればひとまず押し、どちらも満たしていないなら最大限に降りる(ただし、押すことで安牌が増やせる場合は押す場合もある)というのが一つの基準です。今回は低打点ですが良形ではあるので切り。テンパイすればドラも切って追っかけ。テンパイ以前に安牌が増えるようなら降ります。

 

Q174 安牌が少ないですが良形、高打点どちらも満たさない形なので唯一の現物から切って降ります。

 

Q175 良形、高打点どちらでもないので引き。一応1シャンテンには取って打とします。

 

Q176 Q175同様引き。1シャンテンには取る打とします。

 

Q177 現物はありませんが良形、高打点どちらでもないので引き。最も通りやすいのトイツを落とします。

 

Q178 良形とまで言えるかは微妙ですが仕掛けが利いて高打点。1シャンテンでも押します。

 

Q179 チートイツ赤なら高打点に近いですが良形ではないので1シャンテンからはやはり引きます。

 

Q180 良形かつ高打点と言えるかは微妙なところ。切りも悪くはないですが、ほぼ安牌のスジを切ってテンパイすれば十分押せる1シャンテンとの比較なら打が勝るとみます。

超実践麻雀「何切る」「何鳴く」ドリル

麻雀戦術書のベストセラー作家雀ゴロKの新作。 今回は対局で頻発する「何切る」「何鳴く」問題を 210 問収録した超実践ドリル。 平面何切る本はこれまでにも多数出版されているが、それ以外にも「リーチ判断何切る」「何鳴く」「押し引き何切る」など複数のテーマの問題を出題。 解答ページでは雀ゴロKとメンバーによる問答が掲載されていて、なぜ、その解答が正しいのかが理解できる。

著:雀ゴロK
単行本:1,404円
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top