麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
清く正しく美しく――。戦乙女・塚田美紀が涙を流す日【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝A卓】

清く正しく美しく――。戦乙女・塚田美紀が涙を流す日【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝A卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「不敵なヴァルキリー」塚田美紀。快活なキャラクターもあって多くのファンに親しまれている彼女は、この「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」に登場するたびに「黒いデジタルの寵愛を受ける」という僕発案のふざけた選手紹介に毎回付き合ってくれる。なんともできた人だ。さすがのヴァルキリーである。まったくもって頭が上がりません。

そんな戦乙女・塚田は、攻撃に寄った門前主体の打ち回しで予選Bブロックを2位で通過。危なげなくベスト8まで勝ち進んだ。

準決勝は各卓2半荘行われ、上位2名が決勝進出となる。シンデレラリーグはオカありルールなので、この2戦勝負でトップを取るアドバンテージは非常に大きい。とくに初戦トップを取れば、下位2名のターゲットは2位の選手に絞られやすくなるため、とくに勝ち上がる確率が増えるのである。

是が非でもトップを取りたい1回戦、東1局から塚田にチャンス手が巡って来た。ドラのがトイツで、良形ターツがそろっている。うまくいけばイッツーやホンイツにもなりそうだ。

塚田はここで切りとする。ホンイツを視野に入れるなら役牌は重ねたいところだが、現状ドラ2で打点十分。からの横伸びでリャンメンターツを増やし、をトイツ落とししての門前手順を狙った一打だ。

この狙いがピタリとはまった引き。ホンイツに向かっていたならば、これをとらえることはできなかった。

さらにを引いて――

切り。これで好形確定の1シャンテンとなった。

を引き、選択の時。を切ればイッツー変化も見えるが――

塚田はトイツ落としを完遂させた。河を見るとが3枚見えている。ピンズの上目は感触が良さそうだ。

そしてを引き入れてリーチ! 残しに切り。幾多の選択を乗り越えなければ、この最終形にはたどり着けなかった。このリーチは――

ハイテイツモという形で報われる! リーチ・ピンフ・ツモ・ハイテイ・ドラ2。3000-6000のアガリという最高のスタートを切った。

だが、当然他家も塚田に食い下がる。東3局1本場は、柚花が2100-4100のアガリで追い上げる。

続く東4局には、与那城がピンフ・赤1、盤石の3メンチャンリーチ!

これに対し、塚田が真っ向勝負! リーチ・ピンフ・赤・ドラ、満貫確定の本手だ。凱歌は――

塚田に上がった。

与那城からの満貫直撃で、塚田が大きく抜け出すことに。

さらに塚田が追撃! 南1局にも2000-4000の加点。50000点台のトップ目に立ち、さらにリードを広げていく。

そして迎えたオーラス1本場。やや素点を削られはしたが、あとは2着目の柚花の親番を蹴れば念願の初戦トップだ。

ラス目の与那城に、ここにきてドラ2、赤2のチャンス手が巡って来た。着順アップをして、なんとか2戦目へと望みをつなげたい。跳満ツモなら3着、倍満ツモならば一気に2着順アップだ

9巡目、柚花の手格好も整ってきた。ここから――

切りを選択。ドラのへのくっつきや、を生かしての引きやイーペーコーなどを見据え、高打点を目指す。

そして与那城がテンパイ。の3メンチャンか、をカンして倍満を見据えて2着順浮上を狙うか……。

与那城が選択したのは3メンチャンリーチ! 3着浮上でも、次戦への可能性は十分に残ると判断したのだろう。

柚花も追いついた! 待ちでリーチをかける。や2枚見えで、は残り全て与那城の手の内にある。圧倒的に与那城優位な状況で――

柚花はこれをツモりあげた。裏ドラも乗せて4100オール。

「正直、今回の対局メンバーの中で1番マークしていたのがゆうりでした。一番攻撃型だなと思っていたし、トーナメントにも強い。そういうのも含め、ラス親まで2着目につけられていたのはとても嫌でした。与那城にうまく振り込むこともできず、自分もアガれず……。キチーって思ってました(笑)」

塚田の懸念通り、柚花が一アガリでトップ目に立った。

しかし、まだ僅差だ。塚田はこの手をアガりきれば再びトップに浮上する。

「焦ったところで仕方ない。逆転の目があるうちは、今の局に集中しようと思っていました」

そうはさせまいと、再び柚花が立ちはだかる! は2枚切れだが、赤が2枚あって打点は十分のリーチ。塚田へのけん制効果も大きい。リーチ棒を出しても着順が変わらない点も、この判断に踏み切る要因の一つだったのだろう。

塚田も簡単には引かない。をチーして一発消しをすると同時に、を切ってタンヤオへ移行していく。

このチーで、が与那城へと食い流れた! 柚花の一発ツモを、塚田が水際でせき止めた格好だ。

さらに素点を稼いで少しでも条件を緩和させたい川又もリーチをかけた! あっという間に場が煮詰まっていく。

柚花の河にが置かれた。がスジにかかった! そしてこのは――

先ほど与那城へ流れた牌だ。2軒リーチの両者に無筋のは、おいそれとは切れない。鳴きを入れている塚田に対しても切りにくい。ならば選択肢は2つに分かれそうだ。を切るか、のトイツ落としをするか。この手はドラ2のチャンス手で、3着目の川又がリーチをかけている。3900は4500を川又から直撃すれば、3着浮上という状況だ。攻めるのならば、を切って迂回している余裕はない。そしては川又、そして仕掛けている塚田の現物であり、柚花がリーチをかけていた時には2枚見えていた牌である。柚花に当たるケースは、カンチャン待ちか、地獄単騎のみ。この待ちで柚花がリーチを打っている可能性は、どれほどだろう? 思考の果てに、与那城は――

を切った。

リーチ・赤2、7700は8300のアガリで、柚花がリードを広げる。

柚花の猛攻は続く。わずか3巡、ドラが2枚でこのテンパイ。そして彼女は――

を切ってテンパイを外した。マンズとピンズに良形変化を求め、ダメ押しの一撃を確実に見舞う算段だ。

を引いて再びテンパイとなったが――

これも拒否。おそらくを引いたら待ちのフリテンリーチをかけることも厭わなかっただろう。

次巡、今度は引き。

ここでようやくリーチとした。からを切った際に、打とする手もあっただろう。を残せばイーペーコーの目も残り、ヤミテンに構えられる可能性もあったが、柚花はこのの分だけ「うれしいテンパイ」が取れる切りを選択したというわけだ。スジにかかっているこのは――

さすがに止まらない。

リーチ・一発・ドラ2、12000は12900のアガリで勝負を決定づけた。塚田、痛恨の放銃――

>>次ページ 2回戦目、塚田の運命はーーー

 

この記事のライター

新井等(スリアロ九号機)
麻雀スリアロチャンネルの中の人。
ナンバリングは九号機。
スリアロでのポジションをラーメンに例えると、味玉くらい。
お酒があれば、だいたい機嫌が良い人です。

新着記事

Return Top