麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
涼宮麻由、塚田美紀、梅村日奈子がプレーオフ3rd進出!次回放送は6月26日(金)12時~/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 プレーオフ2nd

涼宮麻由、塚田美紀、梅村日奈子がプレーオフ3rd進出!次回放送は6月26日(金)12時~/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 プレーオフ2nd

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020」プレーオフ2ndが6月19日(金)に開催された。

新型コロナウイルス蔓延防止の為延期となっていたが、発売前の抗菌牌を使用、対局者はマスク着用、実況解説との対面は無し等の対策がされた上での開催となった。

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020
プレーオフ2nd

 

【対局者】(写真左から)塚田美紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
涼宮麻由(日本プロ麻雀協会)
梅村日奈子(麻将連合)
松井夢実(最高位戦日本プロ麻雀協会)

半荘4回戦を行い、トータルスコア上位3名がプレーオフ3rdに進出できる。

本来であれば2名勝ち上がりだが、プレーオフ3rdに出場が決定していた山本ひかる(RMU)が撮影のため棄権。プレーオフ2ndからの勝ち上がり者を3名とすることになり、いかに誰かにマイナスを押し付けるかの戦いとなった。

プレーオフ2nd 三回戦までの成績

1、2回戦と連続してラスを引いてしまう梅村だったが、3回戦で6万点台のトップ。塚田がオーラスに箱下8000点から跳満ツモで、松井が親被りしてラス落ちし、松井と梅村が16.6ポイント差という熾烈な争いとなった。

最終戦、松井は東場、南場の親番でめくり合いを制することができず、オーラス7600点持ちのラス目に。通過には三倍満ツモが必要に。

松井は萬子に寄せ、リーチ・ピンフ・ツモ・チンイツ・一盃口・赤の待ち(なら一発)の条件をクリアする手に仕上げる。アガリ牌は山に2枚残っていたが、松井のツモにアガリ牌は現れず、流局となった。

4回戦オーラス 松井の手牌 ©ABEMA

対局終了後、各者コメント。

松井「配牌一向聴でもテンパイまでに時間がかかり、辛かったです。4人中3人通過で残りやすかったんですけど、悔しかったです。次回も呼んでもらえるように頑張ります」

梅村「皆さん本当に強いなというのを感じで、ラスラスだったので、緩く打ってくれるかなと思っていたんですけど、そんなことはなくてつらかったです。次に向けて気持ち新たに3rdに臨みたいと思います」

塚田「すごくヒヤヒヤしました。危うい場面もあったので、早く見返して来週の3rdに備えたいと思います」

涼宮「放送対局に出る機会が本当にないので、1回でも多く映れることが本当に嬉しいし、最後まで自分の麻雀見てもらおうと思って、手を緩めることなく、今日はやり切りました。次回もこの調子で頑張ります」

次回放送は6月26日(金)12時からのプレーオフ3rd。

水谷葵、涼宮麻由、塚田美紀、梅村日奈子4名の対局となる。上位2人が決勝に駒を進める。

成績・写真
プレーオフ2ndt成績

プレーオフ3rd:6月26日(金)放送
水谷葵(日本プロ麻雀協会)
涼宮麻由(日本プロ麻雀協会)
塚田美紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
梅村日奈子(麻将連合)

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020
プレーオフ3rd

 

決勝:7月3日(金)放送
都美(日本プロ麻雀協会)
与那城葵(最高位戦日本プロ麻雀協会)
プレーオフ3rd勝ち上がり者2名

公式HPでは和了率等のデータベースも!

出場者

【本戦出場者】
■シード枠
梅村日奈子(麻将連合)
篠原冴美(日本プロ麻雀協会)
涼宮麻由(日本プロ麻雀協会)
田渕百恵(最高位戦日本プロ麻雀協会)
塚田美紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
都美(日本プロ麻雀協会)
中山百合子(日本プロ麻雀協会)
夏目智依(RMU)
丸山奏子(最高位戦日本プロ麻雀協会)
山本ひかる(RMU)
柚花ゆうり(日本プロ麻雀協会)
与那城葵(最高位戦日本プロ麻雀協会)

■出場権争奪戦勝ち上がり者
水谷葵(日本プロ麻雀協会)
松井夢実(最高位戦日本プロ麻雀協会)
山田佳帆(最高位戦日本プロ麻雀協会)
相川まりえ(最高位戦日本プロ麻雀協会)

関連リンク

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top