麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ゼウスたろうが復活の連勝!!瀬戸熊も連続2着で上位との差を縮める!【Mリーグ 11/15結果】

ゼウスたろうが復活の連勝!!瀬戸熊も連続2着で上位との差を縮める!【Mリーグ 11/15結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月15日に、 渋谷ABEMAS 対 UNEXTパイレーツ 対 赤坂ドリブンズ 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

 第1試合は、ABEMASから白鳥、パイレーツから石橋、ドリブンズからたろう、雷電から瀬戸熊が出場。

 これまで苦しんできたたろうの麻雀に注目が集まったが、東1局1本場にたろうが先制リーチに出るも、ダマの満貫聴牌していた白鳥がツモ切りで追い掛けリーチ。これを一発で掴み白鳥への12000の苦しい放銃でスタート。

 しかし、東2局、立直・平和・ドラ1が確定の高め一盃口の3面張リーチで高めをツモり裏1。6000オールのアガリで一気に戦線浮上。

東2局 たろうの6000オールのアガリ ©AbemaTV

その後もたろうは東4局、南2局に満貫をあがり5万点を大きく越え、悠々とトップ。

オーラスは3着目だった瀬戸熊がリーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和・三色・裏ドラの4000・8000のツモアガリで2着に浮上した。

オーラスの瀬戸熊の4000・8000のアガリ ©AbemaTV

10/5日以来の久々の2勝目となったたろうは「なかなか勝てていない間に本当に皆さんから暖かい応援を受け、心配をかけてしまっているなと感じていました。久々のトップは本当に嬉しいです。Mリーグは本当に大事な舞台なので、結果、内容共にこれからもどんどん見せていきたいです。6000オールの手も、心が弱っていてあがれないんじゃないかってずっと思っていました。まだ1回トップをとっただけなので、これからどんどん活躍してチームに貢献していきたいです。」と語った。

インタビューを受けるたろう ©AbemaTV

1位 たろう(ドリブンズ) +67.0
2位 瀬戸熊(雷電) +14.2
3位 白鳥(ABEMAS) ▲21.4
4位 石橋(Pirates) ▲57.8

 第2試合は、ABEMASから多井、Piratesから小林、ドリブンズからたろう、雷電から瀬戸熊が出場。第一試合で1位2位のたろう、瀬戸熊が連闘となった。

 東1局で、親の多井の先制リーチに対してたろうが現物待ちの平和・赤1をダマテンに構えるも、しばらくしてリーチに踏み切り、多井から一発で捉えて8000のアガリでスタート。

 東2の親番でも12000を小林からアガった。その後の一本場では瀬戸熊が小林から12000をアガリ、東3局では瀬戸熊が3000・6000のツモアガリ。第一試合で活躍した二人がそのままの勢いで大きな手をあがり続けた。

 南2局2本場では多井と小林のめくりあいとなったが多井のドラの暗槓後に小林がツモあがり。リーチ・ツモ・赤の手だったが裏ドラが3枚乗り3000・6000。多井をかわして3着目に浮上した。オーラスは、ラス目の多井と3着目の小林が9000点差。2着目のたろうとトップの瀬戸熊が9000点差とそれぞれ二人が満貫ツモでの着順アップを目指すような状況となった。

 たろうは高め三色・赤1を聴牌。瀬戸熊からの高めの出アガリ、または高めのツモあがりで逆転の手をしばしダマに構えるも、瀬戸熊がやや引いたと感じたところでリーチに踏み切った。多井も七対子・ドラ2・赤1の手を追いかけリーチ。決着はたろうの高めのツモあがり。連勝を決めた。

オーラスのたろうの3000・6000のアガリ ©AbemaTV

 連勝で3勝目を挙げたたろうは「やりました、嬉しいです。本来は連闘の予定じゃなかったんですけど、1回戦目の結果を受けて決まりました。連勝できてうれしいです。これからもポイントをプラスに持っていけるよう頑張りますので応援よろしくお願いいたします!」と語った。

インタビューを受けるたろう ©AbemaTV

1位 たろう(ドリブンズ)+69.5
2位 瀬戸熊(雷電)+19.5
3位 小林(Pirates)▲29.5
4位 多井(ABEMAS) ▲59.5

次回11月16日(木)はEX風林火山、UNEXTパイレーツ、セガサミーフェニックス、KONAMI麻雀格闘倶楽部が対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 168.6 28/80
2 ABEMAS 114.1 32/80
3 Pirates 103.0 32/80
4 ドリブンズ 58.7 32/80
5 フェニックス ▲77.8 30/80
6 麻雀格闘倶楽部 ▲173.4 32/80
7 雷電 ▲197.1 30/80

ABEMAS、Piratesがポイントを減らしドリブンズが大きくプラスした

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 194.2 9
2 亜樹(風林火山) 148.8 12
3 園田(ドリブンズ) 147.3 10
4 滝沢(風林火山) 92.4 8
5 朝倉(Pirates) 88.0 10
6 瀬戸熊(雷電) 86.2 11
7 小林(Pirates) 78.7 12
8 松本(ABEMAS) 55.4 10
9 近藤(フェニックス) 30.6 10
10 茅森(フェニックス) 20.4 10
11 村上(ドリブンズ) ▲9.6 11
12 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲29.5 13
13 黒沢(雷電) ▲31.7 7
14 石橋(Pirates) ▲63.7 10
15 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲66.9 12
16 勝又(風林火山) ▲72.6 8
17 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲77.0 7
18 たろう(ドリブンズ) ▲79.0 11
19 魚谷(フェニックス) ▲124.9 10
20 白鳥(ABEMAS) ▲135.5 13
21 萩原(雷電) ▲251.6 12

瀬戸熊が6位に浮上した。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top