麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
セガサミーフェニックスが12月13日以来の勝利 ファイナルシリーズ進出へ上位を伺う【Mリーグ 1/14結果】

セガサミーフェニックスが12月13日以来の勝利 ファイナルシリーズ進出へ上位を伺う【Mリーグ 1/14結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月14日に、赤坂ドリブンズ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 U-NEXT Pirates 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

第1試合はドリブンズから園田、麻雀格闘俱楽部から前原、Piratesから石橋、フェニックスから魚谷が出場した。

前原が東1局、東2局と連続して満貫をアガリ、早くも持ち点は46000点に。しかし、東3局に石橋のリーチに放銃すると、裏ドラが3枚で跳満に。

リードが縮まったが、南2局2本場に魚谷から親の満貫をアガりが決めてとなり、前原が6勝目をあげた。チームは3位に浮上した。

前原は3位のポーズで喜びを表した ©AbemaTV

 

1位:前原(麻雀格闘倶楽部)+67.3
2位:石橋(Pirates)+5.1
3位:魚谷(フェニックス)▲22.4
4位:園田(ドリブンズ)▲50.0

 

第2試合は、石橋から小林に変更したPiratets以外のチームは同じメンバーでの連戦となった。

東3局4本場に、前原から満貫をアガった魚谷が、小刻みに加点した園田の追撃を振り切ってトップ。

魚谷は12月13日以来の4勝目で、チームも同日以来の勝利となった。

勝利者インタビューで魚谷は「チームとしてもずっとトップがなかったので、流れを変えたいなと思っていたので良かったです。」とホッとした表情で喜んだ。

最下位とはいえ、ファイナルシリーズ進出ラインの4位・渋谷ABEMASとの差は178.6ポイント。

「チームに悲壮感はない」と言い切った魚谷。ここからの巻き返しに注目だ。

12月13日以来のトップとなった魚谷 ©AbemaTV

 

1位:魚谷(フェニックス)+57.1
2位:園田(ドリブンズ)+12.7
3位:小林(Pirates)▲15.4
4位:前原(麻雀格闘倶楽部)▲54.4

次回1月15日(火)は、赤坂ドリブンズ、EX風林火山、UNEXTパイレーツ、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は小林未沙、解説は渋谷ABEMASの白鳥翔が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 408.7 60/80
2 ドリブンズ 233.8 62/80
3 雷電 ▲44.1 60/80
4 ABEMAS ▲71.8 60/80
5 麻雀格闘倶楽部 ▲93.0 62/80
6 Pirates ▲183.2 60/80
7 フェニックス ▲250.4 60/80

 

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 284.0 21
2 滝沢(風林火山) 193.9 22
3 勝又(風林火山) 182.9 20
4 黒沢(雷電) 160.9 18
5 寿人(麻雀格闘倶楽部) 68.6 28
6 松本(ABEMAS) 58.2 21
7 朝倉(Pirates) 52.2 19
8 前原(麻雀格闘倶楽部) 39.4 21
9 たろう(ドリブンズ) 36.9 24
10 亜樹(風林火山) 31.9 18
11 多井(ABEMAS) 31.5 17
12 近藤(フェニックス) ▲48.4 15
13 茅森(フェニックス) ▲60.7 22
14 萩原(雷電) ▲87.0 21
15 村上(ドリブンズ) ▲87.1 17
16 石橋(Pirates) ▲107.3 20
17 瀬戸熊(雷電) ▲118.0 21
18 小林(Pirates) ▲128.1 21
19 魚谷(フェニックス) ▲141.3 23
20 白鳥(ABEMAS) ▲161.5 22
21 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲201.0 13

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top