麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/14 Mリーグ2021 第2試合結果】丸山奏子が6000オールを含む怒涛の連荘で大きなトップ!2着争いは黒沢咲が仕掛けを駆使してものにする!

【12/14 Mリーグ2021 第2試合結果】丸山奏子が6000オールを含む怒涛の連荘で大きなトップ!2着争いは黒沢咲が仕掛けを駆使してものにする!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」42日目が12月14日(火)に開催された。

12月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は近藤トップ! プラス域まであとわずか! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:丸山奏子

西:近藤誠一

北:滝沢和典

近藤は連闘。

第2試合

東1局は全員ノーテンで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場、親の丸山がカンチャンの[七][三][⑦]とカンチャンを連続で引き入れ、萬子に雀頭を求める形の広い一向聴。

一旦一気通貫が完成した[赤5]単騎にとると、[九]を引いて[三][六][九]でのリーチ。

東2局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

一気通貫になる高目の[九]をツモって6000オールで大量リード。

東2局1本場 丸山 リーチ・ピンフ・ツモ・一気通貫・ドラ1 6000オール ©ABEMA

東2局2本場、丸山がダブ東の[東]をポンして[2][5]のテンパイ。滝沢がドラのペン[③]待ちのテンパイでリーチ。

東2局2本場 丸山の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 丸山の手牌 ©ABEMA

近藤が当たり牌を吸収して回り、終盤にテンパイ。黒沢の一人ノーテンで流局。

東2局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 流局 ©ABEMA

東2局3本場、黒沢が索子のメンホン七対子一向聴。丸山が[一][四]のピンフをヤミテン。

東2局3本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

近藤も[中]が暗刻のカン[4]待ちでテンパイ。

東2局3本場 近藤の手牌 ©ABEMA

滝沢から[四]が打ちだされ、丸山のアガリに。ダマ判断が功を奏した。

東2局3本場 丸山 ピンフ 1500 ©ABEMA

東2局4本場。丸山一人テンパイで流局、東2局5本場、近藤が場風の[東]をポン。萬子のホンイツに向かいドラの[白]を重ねてカン[八]待ちの跳満のテンパイ。

東2局5本場 近藤の手牌 ©ABEMA

滝沢が[四][七]、黒沢が一気通貫完成した[五][八]待ちのリーチ。

2軒リーチに近藤は[②]が切り切れず撤退。滝沢が[五]を掴んで黒沢のアガリとなった。

東2局5本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局5本場 黒沢 リーチ・ピンフ・一気通貫 8000 ©ABEMA

東3局は丸山がタンヤオ・赤3一盃口のカン[7]をヤミテン。黒沢が聴牌でドラの[中]を打ち出し、その黒沢の現物の[7]を滝沢が放銃しマイナスに沈む。

東3局 丸山 タンヤオ・赤3 8000 ©ABEMA

東4局、滝沢が[南]をポンして索子のホンイツへ。丸山もペン[7]からしかけ、一気通貫を狙っていくも、滝沢がダブ東[東]を暗刻にして12000のテンパイ。

東4局 滝沢の手牌。 ©ABEMA

滝沢の索子仕掛けに、近藤が切り切れなかった[白]単騎でテンパイした三色をツモって1000・2000。南入。

東4局 近藤 ツモ・三色 1000・2000 ©ABEMA

南1局、滝沢が[五][八]ピンフ・ドラ1をリーチ。滝沢の河に2巡目に[六]が打たれており、かなり萬子が通りやすそうな河で黒沢が放銃。

南1局 滝沢 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900 ©ABEMA

南2局、親の丸山がドラ3の好配牌。

南2局 丸山の手牌 ©ABEMA

先制は黒沢。赤赤のピンフをリーチ。

南2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

4枚目のドラを持ってきた丸山。ノータイムでツモ切り、卓に戦慄が走る。丸山が黒沢の当たり牌[6]を吸収してカン[二]リーチ。

南2局 丸山の手牌 ©ABEMA

[四]が暗刻の滝沢。黒沢、丸山のリーチに挟まれ、[二]がワンチャンスになり、[二]が打ちだされる。丸山がさらに加点し持ち点は6万点を超えた。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局 丸山 リーチ・ドラ3 12000 ©ABEMA

南2局1本場、黒沢が白を仕掛けて満貫のテンパイを入れると、近藤、滝沢も次々とテンパイをいれ、丸山も最終手番でテンパイ。全員テンパイで流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場、滝沢がここまで放銃に回っていた滝沢。三色を完成させたピンフリーチ。[⑨]なら純チャンのリーチだが、山には高目のみ残っており、一発ツモ。4000・8000で地上に復帰。

南2局2本場 滝沢 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・純チャン・三色 4000・8000 ©ABEMA

南3局、黒沢がピンフをリーチしてツモり、2着目に浮上してオーラスへ。

南3局 黒沢 リーチ・ピンフ・ツモ 700・1300 ©ABEMA

2着争いが熾烈なオーラス。黒沢がチーしてタンヤオでテンパイし、アガリきって2着キープで第2試合終了。

南4局 黒沢 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

丸山は第1試合のたろうのラスを払拭するトップを勝ち取った。

第2試合トップの丸山 ©ABEMA

第2試合結果
1位 丸山(ドリブンズ)+80.5
2位 黒沢(雷電)+0.1
3位 近藤(フェニックス)▲22.9
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲57.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月14日トータル結果

ドリブンズ(たろう4着・丸山1着)+37.9
フェニックス(近藤1着・近藤3着)+31.4
雷電(萩原2着・黒沢2着)+10.0
麻雀格闘倶楽部(寿人3着・滝沢4着)▲79.3

下位の3チームがポイントを加算し、今後は更に混沌とした争いになることが予感された。麻雀格闘倶楽部は今日の結果次第では首位も狙えたが、一旦足踏みとなった。

12月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月15日の対局チーム ©ABEMA
12月14日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top