麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/8 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈な混戦を制して茅森早香が逃げ切りトップ!復帰戦の高宮まりは好守を見せるも3着まで

【2/8 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈な混戦を制して茅森早香が逃げ切りトップ!復帰戦の高宮まりは好守を見せるも3着まで

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」72日目が2月8日(火)に開催された。

2月8日の対戦カード © ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 怒濤の和了で村上がトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:松本吉弘

西:鈴木たろう

北:茅森早香

第2試合

東1局、久々の出場となった高宮がアガリを決め連荘。

東1局 高宮 タンヤオ 500オール ©ABEMA

東1局1本場では茅森が2巡目リーチ。

赤3の手牌の高宮が放銃かと思われたが、[中]の暗刻落としでまわる巧みな打ち回しで茅森の当たり牌を使いテンパイ取りきり流局。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

東1局2本場、松本が先制リーチ。

東1局2本場 松本の手牌 ©ABEMA

そこへたろうがドラの[⑥]を重ねての追いかけリーチ。

東1局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA

ここを制したのは松本。

東1局2本場 松本 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東2局では親の松本が仕掛けてアガリきり連荘。

東2局 松本 ダブ東・赤1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場は親の松本がリーチに踏み込むも3者が対応し流局に。

東2局1本場 流局 ©ABEMA

東2局2本場、親の松本がドラの[中]単騎で七対子テンパイ。

東2局2本場 松本の手牌 ©ABEMA

さらに茅森がリーチ。

東2局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA

たろうが追いかけリーチに出るも宣言牌が茅森の当たり牌。

東2局2本場 茅森 リーチ・タンヤオ・一盃口・赤・裏ドラ2 12000 ©ABEMA

東3局は先制リーチの茅森がアガリきる。

東3局 茅森 リーチ・タンヤオ 2600 ©ABEMA

東4局、ここまで失点が続いていたたろうが七対子の先制リーチを高宮から一発で出アガリ。

東4局 たろう リーチ・一発・七対子・赤1 8000 ©ABEMA

南1局は先ほど失点となってしまった親の高宮が跳満ツモを決めて微差ながらトップ目に浮上。

南1局 高宮 リーチ・ツモ・一盃口・ドラ1・裏ドラ2 6000オール ©ABEMA

南1局1本場では松本が仕掛けてアガリきり再びトップ逆転。

南1局1本場 松本 ダブ南 2000 ©ABEMA

南2局は高宮がダマテンでアガリきりトップ目松本の親番をかわす。

南2局 高宮 平和 1000 ©ABEMA

南3局、親のたろうが高め三色の3巡目リーチ。

リーチ時は山に7枚残っていたが、たろうにとっては悔しい流局となった。

南3局 流局 ©ABEMA

南3局1本場は全員が仕掛けを入れる展開となったが流局に。

南3局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場、茅森が先制リーチをアガリきりトップ目に浮上しオーラスへ。

南3局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 茅森 リーチ・一発・平和・一盃口・赤1 8000 ©ABEMA

南4局、満貫ツモ条件の松本が先制リーチ。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA

そこへたろうがドラ単騎の七対子で追いかけリーチ。

南4局 たろうの手牌 ©ABEMA

混一色のテンパイを入れていた茅森も[七]を引き入れ待ちの枚数が大幅アップ。

南4局 茅森の手牌 ©ABEMA

結果は松本がたろうからの出アガリとなり2着をキープして決着。松本は逆転トップとなる三暗刻のアガリを逃すまさかの[5]ツモだったが、2着確保のアガリを決めた。

南4局 松本 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA
第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+59.5
2位 松本(ABEMAS)+15.0
3位 高宮(格闘倶楽部)▲9.8
4位 たろう(ドリブンズ)▲64.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月8日トータル結果

フェニックス(魚谷3着・茅森1着)+27.6
ドリブンズ(村上1着・たろう4着)+23.9
ABEMAS(多井2着・松本2着)+13.4
格闘倶楽部(寿人4着・高宮3着)▲64.9

1戦目のドリブンズのトップで熾烈なボーダー争いとなったが、フェニックスがトップを取り返し再び差を広げた。6位に後退した格闘倶楽部だが復帰戦となった高宮の戦いぶりはチームにとって大きなプラスとなりそうだ。明後日の戦いでは5位フェニックスと6位格闘倶楽部がボーダー争いから抜け出すべくしのぎを削る。

2月8日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月10日の対局チーム ©ABEMA
2月8日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top