麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/14 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が華麗な親跳満ツモで逆転勝利!上位4チームが200ポイントオーバーに!

【2/14 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が華麗な親跳満ツモで逆転勝利!上位4チームが200ポイントオーバーに!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」75日目が2月14日(月)に開催された。

2月14日の対戦カード © ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 松ヶ瀬が倍満ツモで大きなトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂瑠美

南:白鳥翔

西:茅森早香

北:園田賢

第2試合

東1局、茅森がシャンポンのテンパイを外してペン[七]待ちの一気通貫のテンパイにたどり着きリーチ。ラス牌の[七]をツモってリード。

東1局 茅森 リーチ・ツモ・一気通貫 2000・4000 ©ABEMA

 

東2局、親の白鳥が1300オールのツモアガリで連荘。

東2局 リーチ・ツモ 1300オール ©ABEMA

東2局1本場、園田がドラの[八]を重ね、[9]単騎の七対子テンパイ。一旦ヤミテンにとったあと、ツモ切りリーチ。

東2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

[8]のワンチャンスで瑠美が対子の[9]に手をかけ、一発で放銃。園田が12000のアガリを決めた。

東2局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 園田 リーチ・一発・七対子・ドラ2 12000 ©ABEMA

東3局、親の茅森が先制リーチも、親の現物の[③]単騎でテンパイしていた白鳥が瑠美からアガリ局が進む。

東3局 茅森の手牌 ©ABEMA
東3局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東3局 白鳥 一盃口・ドラ1 2600 ©ABEMA

東4局、瑠美が[中]を仕掛けてドラの[1]をチー。満貫のテンパイだが、親の園田が[赤⑤]を切ってリーチ。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA
東4局 瑠美の手牌 ©ABEMA

テンパイしている瑠美のもとに一発目で園田の当たり牌[八]が。一発で打ちだされ園田の7700のアガリで少し抜けたトップ目に立つ。

東4局 園田 リーチ・一発・タンヤオ 7700 ©ABEMA

東4局1本場、瑠美がドラの[白]単騎待ちの七対子リーチ。

東4局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

しかし[白]は白鳥に暗刻。白鳥ヤミテンでも12000の手だが積極的にリーチ。倍満ツモを狙う。

東4局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

親の園田、[7]の放銃は一旦堪えるものの、終盤にテンパイしリーチを宣言して白鳥へ12000の放銃となった。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 白鳥 リーチ・白・ドラ3・赤2 12000 ©ABEMA

南1局、ラス目の親の瑠美がリーチのみの手だが[赤5]をツモって裏ドラが1枚のり、4000オールで回復。

南1局 瑠美 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1 4000オール

南1局1本場は園田が場風の[南]をポンしてアガリ切る。

南1局 園田 南 1000 ©ABEMA

南2局、瑠美が[発]単騎待ちのリーチ。園田がすぐにドラの[⑦]が暗刻になり、[3][6][9]待ちのリーチで追いかける。

南2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南2局 園田の手牌 ©ABEMA

[発]は白鳥、茅森の手に1枚ずつで山に残り1枚。かなり園田が有利かと思われたが、瑠美がラス牌の[発]をツモって2着が見えるところまで回復した。

南2局 瑠美 リーチ・ツモ・七対子 1600・3200 ©ABEMA

南3局、親の茅森が[南]の対子落としから[赤五]引きで平和赤1のリーチに。高めのドラをツモって裏1の6000オールで一気に突き抜けた。

南3局 茅森 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤1 ©ABEMA

南3局1本場、園田が[9]のポンから発進し、ドラ色の索子のホンイツへ。

東3局1本場 園田 ホンイツ・ドラ2 8000 ©ABEMA

テンパイしたところで瑠美から[6]が放たれ、園田8000のアガリ。

オーラス親番を迎えた園田は2着浮上を目指すが、瑠美が素点回復のピンフリーチをアガって着順かわらず第2試合終了。

南4局 瑠美 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

風林火山は瑠美がラスを引いたものの松ヶ瀬の大きなトップで本日はトータルプラス。しかし1位から4位までは200ポイント台で、最後まで大混戦の様相だ。

第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+61.8
2位 白鳥(ABEMAS)+9.3
3位 園田(ドリブンズ)▲16.2
4位 瑠美(風林火山)▲54.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月14日トータル結果

フェニックス(魚谷2着・茅森1着)+99.0
風林火山(松ヶ瀬1着・瑠美4着)+27.4
ドリブンズ(村上3着・園田3着)▲59.7
ABEMAS(松本4着・白鳥2着)▲66.7

フェニックスが大きく加点して上位3チームまで僅差に迫って首位浮上まで見えてきた。ドリブンズは本日はポイントをプラスできずセミファイナル争いで一歩後退となった。

茅森の今季平均打点は8596。子の満貫を大きく上回る驚異的な数値となっている。個人順位も5位に浮上した。

2月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月15日の対局チーム ©ABEMA
2月14日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top