麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/15 Mリーグ2021 第2試合結果】朝倉康心が攻守に冴えわたり完勝!萩原聖人は大きなアガリで迫るも2着まで!

【2/15 Mリーグ2021 第2試合結果】朝倉康心が攻守に冴えわたり完勝!萩原聖人は大きなアガリで迫るも2着まで!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」76日目が2月15日(火)に開催された。

2月15日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 滝沢がリーチ4回決めて大きなトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:朝倉康心

南:伊達朱里紗

西:内川幸太郎

北:萩原聖人

萩原は連闘。

第2試合

東1局、萩原の萬子のホンイツ仕掛けに、仕掛けてテンパイしていた伊達、門前でドラ3の朝倉が手を進めていたが対応。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局 朝倉の手牌 ©ABEMA

そこで親の朝倉が受けながら[七]単騎の一盃口ドラ3テンパイに辿り着く。そして残り1枚[七]をツモって4000オールの好スタート。

東1局 朝倉 ツモ・一盃口・ドラ3 4000オール ©ABEMA

東1局1本場、萩原がカン[7]待ちの三色テンパイをヤミテン。

東1局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA

[7]は伊達のリーチの現物。朝倉から放たれるかと思われたが、止め切る。

東1局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 朝倉の手牌 ©ABEMA

萩原はドラの[中]を引き、苦渋のオリで手を崩すと内川が追いつきアガリ切った。

東1局1本場 内川 リーチ 1300 ©ABEMA

東2局は伊達、内川の2人テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

次局は一時全員テンパイの熾烈な1局となったが、萩原が制し3000・6000のツモアガリでトップ目に。

東2局1本場 萩原 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

東3局、親番の内川が連荘し、次局1000オールツモで加点。

東3局1本場 内川 發・赤1 1000オール ©ABEMA

東3局2本場、リーチした朝倉が残り1枚の[④]をツモって2000・4000のアガリでリードを広げていく。

東3局2本場 朝倉 リーチ・ツモ・中・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、萩原連荘も、東4局1本場は仕掛けてテンパイの内川、早いリーチの朝倉の2軒聴牌。ここを朝倉が制し、トップ目をキープして南入。

南1局1本場 内川の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 朝倉 リーチ 1300 ©ABEMA

南1局、内川[白][中]をポンして大三元の可能性もみていくが、[発]は2枚切られ、萩原が先制リーチ。

南1局 萩原の手牌 ©ABEMA

当たり牌の[1][4]を打たずにいた内川だが、河底でテンパイ。スジの[七]も通っているわけではなく、テンパイをとり放銃。萩原の8000のアガリとなった。

南1局 内川の手牌 ©ABEMA

じりじりと朝倉に近づいていく萩原だが、南3局に朝倉が3000・6000のアガリを決め突き抜けオーラスへ。

南3局 朝倉 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

南4局、点差が近い伊達と内川。内川が仕掛けを入れていく。

朝倉も萩原の親の終わらせようと仕掛けるが、萩原がなんとか聴牌を入れ、ペン[③]待ちのリーチをかける。

南4局 朝倉の手牌 ©ABEMA
南4局萩原の手牌 ©ABEMA

終盤に伊達が安全牌に窮し、放銃。萩原の7700のアガリで朝倉に近づく。

南4局 伊達の手牌 ©ABEMA
南4局 萩原 リーチ・ドラ1・赤1 7700 ©ABEMA

連荘を決めてトップまであと一歩の萩原だったが、次局朝倉が仕掛けてアガリを決めた。

南4局1本場 朝倉 タンヤオ・三色 2000 ©ABEMA

道中しっかりと当たり牌を止めて放銃回避した朝倉が逃げ切った。

第2試合トップの朝倉 ©ABEMA

第2試合結果
1位 朝倉(Pirates)+75.6
2位 萩原(雷電)+24.7
3位 内川(サクラナイツ)▲35.3
4位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲65.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月15日トータル結果

Pirates(石橋3着・朝倉1着)+50.5
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・伊達4着)+8.7
雷電(萩原4着・萩原2着)▲26.8
サクラナイツ(沢崎2着・内川3着)▲32.4

Piratesが朝倉のトップで首位に浮上、麻雀格闘倶楽部は200ポイント近くまで浮上したが、2戦目で伊達が4着となり大きな加点はならず。サクラナイツもポイントを増やせずにドリブンズとの差はやや縮まる結果となった。

2月15日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月15日の対局チーム ©ABEMA
2月15日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top