麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/15 Mリーグ2021 第1試合結果】放銃ゼロ!リーチ4回全部ツモアガリの滝沢大トップ!オーラス沢崎が大明槓して新ドラモロノリ!アガリ切って4着から2着に着順アップ!

【2/15 Mリーグ2021 第1試合結果】放銃ゼロ!リーチ4回全部ツモアガリの滝沢大トップ!オーラス沢崎が大明槓して新ドラモロノリ!アガリ切って4着から2着に着順アップ!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」76日目が2月15日(火)に開催された。

2月15日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:沢崎誠

南:萩原聖人

西:石橋伸洋

北:滝沢和典

第1試合

東1局、親の沢崎がタンヤオ仕掛けでドラの[東]を離すと萩原がポンしてテンパイ。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA

ここは沢崎2900のアガリで連荘。

東1局 沢崎 タンヤオ・赤1 2900 ©ABEMA

次局は滝沢が三色変化をみたピンフのヤミテン。萩原からアガリ、南2局へ。

東1局1本場 滝沢の手牌  ©ABEMA

南2局、リーチした萩原と仕掛けた沢崎。アガリは出ずに流局。

東2局 流局 ©ABEMA

連荘した萩原、ドラドラ赤赤の手牌で[赤⑤]を切ると石橋がポンしてテンパイ。2000点のアガリで親番を迎える。

東2局 萩原の手牌 ©ABEMA
東2局 石橋 タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

東3局は滝沢が1000・2000ツモ。静かな展開で全員2万点台で東4局へ。

東3局 滝沢 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

東4局、滝沢の親番。実況の渋川から「子だったら真ん中から切り出して配牌でやめたい」といわれるほどバラバラな滝沢の配牌だったが、ピンフドラドラでテンパイし、先制リーチ。

東4局 滝沢の配牌 ©ABEMA
東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA

ツモって裏ドラが1枚乗り、6000オールで抜け出す。

東4局 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ3 6000オール ©ABEMA

次局も2000オールをアガって滝沢の持ち点は5万点を超えた。

東4局1本場 滝沢 リーチ・ツモ・ドラ1 2000オール ©ABEMA

東4局2本場、沢崎がテンパイして打ちだしたドラ[③]を滝沢がポン。タンヤオにするには[六]を引かなければならないが、他家へ圧力をかけていくことがメインか。

東4局2本場 沢崎の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

結果、滝沢はテンパイできず沢崎の1人テンパイで南入。

東4局2本場 流局 ©ABEMA

南1局3本場、萩原ドラ3リーチも不発。沢崎、萩原、石橋は依然として僅差の南2局4本場。

南1局3本場 流局 ©ABEMA

親の萩原が發をポンしてテンパイしたところで、石橋もテンパイしリーチ。

南2局4本場 萩原の手牌 ©ABEMA
南2局4本場 石橋の手牌 ©ABEMA

どちらの待ちも山に3枚ずつ。4本場積まれている状況で萩原も引けないが、石橋が一発でツモアガリ。

裏ドラが1枚乗って3000・6000のアガリで石橋は抜けた2着目に浮上した。

南2局4本場 石橋 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・赤1・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南3局は萩原が4巡目に[西]単騎のドラドラ七対子をリーチ。

南3局 萩原の手牌 ©ABEMA

[西]は滝沢がすでに1枚切っており、安全牌候補として1枚抱え一向聴。滝沢の一発放銃かと思われたが、先に親の石橋が掴み、放銃。

南3局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局 石橋の手牌 ©ABEMA

萩原12000のアガリで2着目に浮上しオーラスへ。

南3局 萩原 リーチ・一発・七対子・ドラ2 12000 ©ABEMA

南4局、親の滝沢が2000オールのアガリで連荘。

南4局 滝沢 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA

南4局1本場、2着目萩原からラス目沢崎の差は2200点。

ラス目の沢崎タンヤオのみで仕掛けて3着も辞さない構えだが[七]を大明槓するとポンした[6]が新ドラとなり、一気に打点アップ。一向聴。

南4局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

[二]をチーしてテンパイだが、暗刻の[3]を1枚切って[⑤][⑧]のリャンメンのテンパイにはとらず、[⑦]を切って一旦[⑥]単騎に構える。

南4局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

後のインタビューで沢崎は、[3]は仕掛けている萩原に通るかわからず、テンパイノーテンで着順がかわる石橋はオリている状況。比較的通りそうな[⑦]を切って、テンパイキープに重きを置いた[⑦]切りになったという。

すると次巡[二]を引いて[二]単騎とすると[中]の片アガリでテンパイしていた萩原が掴み放銃。

南4局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA

沢崎は4着からプラスの2着になる大きなアガリを決めた。

南4局1本場 沢崎 タンヤオ・ドラ3 8000 ©ABEMA

リーチしてツモアガリを決め続けた滝沢のトップで、5位の格闘俱楽部はボーダー6位のサクラナイツと差をつけた。

第1試合トップの滝沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+73.7
2位 沢崎(サクラナイツ)+2.9
3位 石橋(Pirates)▲25.1
4位 萩原(雷電)▲51.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果記事はコチラ

第2試合は朝倉が攻守に冴えわたり完勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top