麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/7 Mリーグ2022-23 第2試合結果】18和了13放銃の熾烈な攻防を制したのは多井隆晴!小林剛が400点持ちから盛り返して3着に!

【10/7 Mリーグ2022-23 第2試合結果】18和了13放銃の熾烈な攻防を制したのは多井隆晴!小林剛が400点持ちから盛り返して3着に!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」4日目が10月7日(金)に開催された。

10月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:小林未沙 実況:石橋伸洋 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:堀慎吾

西:小林剛

北:東城りお

第2試合

東2局1本場、親番の堀がタンピン三色の見えるイーシャンテンから巡目を考慮して[八]をチー。

東2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

下家の小林に[赤五]をツモ切られてしまうが、東城のリーチ宣言牌である[⑦]を仕留め、2900の加点となる。

東2局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 堀 タンヤオ・赤1 2900 ©ABEMA

東2局2本場、クレバーなアガリを決め親番が続く堀が3巡目にリーチ。

東2局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

東城が追いつき、ドラの[②]を勝負して[3][6]待ちでリーチをかける。

東2局2本場 東城の手牌 ©ABEMA

2軒リーチを受けて多井の手牌が苦しくなり、スジを追って[三]がこぼれた。

裏が1枚乗り、堀の3900が決まった。

東2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 堀 リーチ・裏1 3900 ©ABEMA

東2局3本場は多井が嵌[三]待ちで先制リーチ。

タンヤオ・赤1・ドラ2のイーシャンテンだった東城も押し返すが、ここは多井がしっかりとツモ。

1000・2000のアガリとなった。

東2局3本場 多井 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東3局、東城が[1][4]待ちで赤1・ドラ1のリーチ。

東3局 東城の手牌 ©ABEMA

同順に親番の小林が[6][9]待ちでテンパイ。直前に堀が[9]を打っており、対子落としの可能性を考えダマに受ける。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

狙い通り堀から[9]が打たれ、小林の1500のアガリとなった。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA
東3局 小林 ピンフ 1500 ©ABEMA

東3局1本場、5巡目に多井がピンフ・ドラ1のテンパイ。[一][四]待ちでリーチをかける。

東3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

これに対し堀が押し返しを図る。

ドラの[三]を鳴くことができ、多井の現物でもある[5][8]待ちで3900のテンパイが入る。

東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

ここは多井に軍配が上がる。堀が[一]を掴み放銃、8000のアガリで僅差のトップに立った。

東3局1本場 多井 リーチ・ピンフ・ドラ1・裏1 8000 ©ABEMA

東4局は親番の東城がリーチで攻め立てる。

昨シーズン和了率トップの座を示すかのように[⑤]をツモ、1300オールのアガリとなった。

東4局 東城 リーチ・ツモ 1300オール ©ABEMA

東4局1本場、全員が好配牌のなか堀の先制リーチが入る。待ちは[③][⑥][⑨]の三面張。

東4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

多井も追いつき、[⑤][⑧]待ちで勝負に出る。

東4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

これを受けて小林が手詰まる。多井の現物[⑨]を切り、堀への放銃となった。

裏が1枚乗って8000のアガリ、再び堀が頭一つ抜け出す展開に。

東4局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 堀 リーチ・ピンフ・赤1・裏1 8000 ©ABEMA

南1局1本場は親番の多井が七対子テンパイ。

南1局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

堀の[南]が危ぶまれたが、[中]のアンコ落としで放銃を回避。

南1局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

直後に小林が[南]を掴み放銃となる。

多井の4800のアガリとなった。

南1局1本場 多井 リーチ・七対子 4800 ©ABEMA

南1局2本場も親番の多井がものにする。

残していた[六]を重ね、再び七対子でリーチ。

南1局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

またも小林が[東]を掴んでしまい痛恨の4連続放銃。

多井が9600のアガリを決めリードを築いた。

南1局2本場 小林の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 多井 リーチ・七対子・赤1 ©ABEMA

南2局、親番の堀が456の三色が見える好配牌。

急所の[⑤]を多井からチーすると[4][四]もチーして12000のテンパイを入れる。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 堀の手牌 ©ABEMA

しかしダマでテンパイを入れていた多井が堀の[八]を仕留め、2000の加点。

南2局 多井 ピンフ・一盃口 2000 ©ABEMA

南3局はここまで苦しい展開が続いた小林の仕掛けが光る。

どうにか加点に繋げたい親番、清一色やタンヤオを見据えて[⑤]をチー。

南3局 小林の手牌 ©ABEMA

待ったをかけたのは堀。ホンイツ・七対子の大物手でリーチをかける。

南3局 堀の手牌 ©ABEMA

この局はタンヤオで仕上げた小林が堀の[4]を仕留め、2900のアガリで望みを繋げた。

南3局 小林 タンヤオ・ドラ1 2900 ©ABEMA

南3局2本場、親番の小林が11巡目に[4][三]のシャンポン待ちでテンパイ。

手替わりの多い牌姿だが、変化を待つべき巡目ではないとして即リーチを敢行。

南3局2本場 小林の手牌 ©ABEMA

東城にもテンパイが入る。親とぶつかる覚悟を決め、[②][⑤]待ちでリーチ。

南3局2本場 東城の手牌 ©ABEMA

小林の待ちの方が山に多く残っており、終盤に[三]をツモ。

4000オールのアガリとなり、一気に2着まで浮上した。

南3局2本場 小林 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤 4000オール ©ABEMA

南3局3本場、またも小林が軽快な仕掛けで先制テンパイ。

チャンタなので[九]のみアガることができる。

南3局3本場 小林の手牌 ©ABEMA

小林がテンパイ時に放ったドラの[四]を堀がポン。

南3局3本場 堀の手牌 ©ABEMA

[⑦]を引き入れ堀にも満貫のテンパイが入る。

しかし[九]は小林の当たり牌。

小林への放銃かと思われたが、小考の末[六]を切り回避。

南3局3本場 堀の手牌 ©ABEMA

直後に小林が[中]を掴み堀のアガリ。8000の加点でトップの多井に迫る。

南3局3本場 堀 中・ドラ3 8000 ©ABEMA

オーラス、堀がトップの多井まで跳満ツモ条件、3着目の東城が親番、小林が東城と3200点差という並び。

捨て牌が3段目に差し掛かったたころで、小林が七対子[発]単騎待ちをテンパイ。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA

リーチをかけると、一発で[発]を引き寄せ、2000・4000のアガリで3着への浮上に成功した。

オーラス 小林 リーチ・一発・ツモ・七対子 2000・4000 ©ABEMA

全19局のロングバトルを制したのは多井。

ABEMASに嬉しいトップを持ち帰った。

第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+57.5
2位 堀(サクラナイツ)+7.3
3位 小林(Pirates)▲18.0
4位 東城(フェニックス)▲46.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月7日トータル結果

サクラナイツ(内川1着・堀2着)+86.9
ABEMAS(白鳥3着・多井1着)+32.1
Pirates(仲林2着・小林3着)▲7.8
フェニックス(茅森4着・東城4着)▲111.2

サクラナイツが大きな加点に成功、ABEMASも着実な加点で上位で1週目を終えた。Piratesは苦戦の兆しがあったが耐え抜く結果に。フェニックスは連続4着と苦しい1日になった。

これで全チーム4戦終了。まだ出場していない選手は風林火山の勝又のみとなった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月10日の対戦カード ©ABEMA
10月7日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top