麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/7 Mリーグ2022-23 第2試合結果】激戦の疲れも何のその!第1試合で記録的4着となった渋川難波が逆襲のMリーグ初勝利!

【11/7 Mリーグ2022-23 第2試合結果】激戦の疲れも何のその!第1試合で記録的4着となった渋川難波が逆襲のMリーグ初勝利!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」21日目が11月7日(月)に開催された。

11月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:丸山奏子

南:瀬戸熊直樹

西:仲林圭

北:渋川難波

渋川連闘。

第2試合

第2試合は第1試合とは打って変わってスピーディーな試合展開。

東1局仲林が3900、東2局300・500ツモと連続でアガって東3局。

丸山が赤3のタンヤオテンパイ。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA

そこへ渋川がドラ[二]が暗刻のリーチ。

東3局 東3局 渋川 リーチ・一発・ツモ・ドラ4 3000・6000 ©ABEMA

一発でツモって3000・6000でリード。

東4局は仲林が先制リーチ。丸山も追いかけるが、仲林が丸山から12000のアガリを決め、渋川に並び南入。

東4局 丸山の手牌 ©ABEMA
東4局 仲林 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2・赤1 ©ABEMA

南1局、瀬戸熊が1000・2000のアガリを決め、南2局親番を迎える。

南1局 瀬戸熊 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

南2局、南3局と渋川が3000・6000、2000・4000のアガリ。第1試合のの苦しかった展開を払拭するようにアガリを重ねオーラスへ。

南2局 渋川 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤2 3000・6000 ©ABEMA
南3局 渋川 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

南4局、丸山、瀬戸熊のリーチに渋川もテンパイして流局。

南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、仲林が[発]単騎待ちでリーチ。

仕掛けた瀬戸熊から[発]を捉え、試合終了。

南4局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 仲林 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

第1試合▲107.6ポイントの4着だった渋川だが、第2試合は+76.7ポイントの大きなトップで、マイナスを小さく抑える結果で初トップを獲得した。

第2試合トップの渋川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 渋川(サクラナイツ)+76.7
2位 仲林(Pirates)+10.9
3位 瀬戸熊(雷電)▲25.4
4位 丸山(ドリブンズ)▲62.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月7日トータル結果

雷電(黒沢1着・瀬戸熊3着)+107.3
Pirates(優3着・仲林2着)▲24.1
サクラナイツ(渋川4着・渋川1着)▲30.9
ドリブンズ(たろう2着・丸山4着)▲52.3

1戦目で劇的な大トップを獲得して雷電が3位に浮上。Pirates、サクラナイツはなんとか粘ったが、ドリブンズはトップは取り逃し、2戦目は粘り切れずと苦しい展開でまたトータル▲400ポイントを超えてしまった、次回の出場でポイントを加算できないとこの先の戦いが苦しくなってしまう可能性も。なるべく引きずることなく前進していきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月8日の対戦カード ©ABEMA
11月7日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top