麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/14 Mリーグ2022-23 第2試合結果】茅森早香が親番で1日1跳炸裂!大トップ獲得でフェニックスは6位に浮上!

【11/14 Mリーグ2022-23 第2試合結果】茅森早香が親番で1日1跳炸裂!大トップ獲得でフェニックスは6位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」25日目が11月14日(月)に開催された。

11月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:萩原聖人

西:高宮まり

北:渋川難波

萩原は連闘。

第2試合

東1局、萩原が4巡目リーチ。ヒントが何もないに等しい萩原の河。親の茅森がまっすぐに手を進め、一発で萩原のアガリとなった。

東1局 萩原 リーチ・一発・ドラ1 5200 ©ABEMA

しかし東2局、東3局と茅森が満貫を2連続で和了。

東2局 茅森 リーチ・ツモ・發・赤1 2000・4000 ©ABEMA
東3局 茅森 ピンフ・三色・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

東4局、親番の渋川が[⑦]単騎の七対子ドラ2赤1のリーチ。

渋川の河には[④]があり、スジの牌の[⑦]は高宮から放たれることも考えられたが、茅森が追いかける。

東4局 茅森の手牌 ©ABEMA

茅森に通っていないため、高宮から[⑦]が出ることはなくなったが、渋川が最後の[⑦]をツモ。

6000オールでトップ目に立つ。

東4局 渋川 リーチ・ツモ・七対子・ドラ2・赤1 6000オール ©ABEMA

東4局1本場、[東][白]をポンして高宮がピンズのホンイツへ。

渋川のリーチが来るも押し切り、萩原から8000のアガリで南入。

東4局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 高宮 東・白 ホンイツ 8000 ©ABEMA

南1局、親の茅森が6000オール、12000と連続で和了し他家を引き離す。

南1局 茅森 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・ドラ2 ©ABEMA
南1局1本場 茅森 タンヤオ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

茅森のヤミテン12000に放銃し、失点した高宮だが、南1局2本場8000のアガリで回復。

南1局2本場 高宮 リーチ・一発・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

箱下に沈んだ萩原の親番。ドラの[北]が暗刻になりリーチも流局。

南2局 萩原の手牌 ©ABEMA

次局は高宮が[中]バックの仕掛けでアガって局を進める。

南2局1本場 高宮 中 1000 ©ABEMA

流局を挟み、オーラス。親の渋川リーチも、追いかけた高宮が渋川から5200を直撃。これで高宮と渋川の着順が入れ替わり、高宮は2着でゲームを終えた。

南4局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 高宮 リーチ・ドラ1・赤1 ©ABEMA

高いアガリを決め続けた茅森の勝利となった。

第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+78.1
2位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+4.4
3位 渋川(サクラナイツ)▲19.8
4位 萩原(雷電)▲62.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月14日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(伊達1着・高宮2着)+70.9
フェニックス(近藤3着・茅森1着)+57.4
雷電(萩原2着・萩原4着)▲62.2
サクラナイツ(堀4着・渋川3着)▲66.1

久々出場の萩原は2着4着という結果、悔しさを表しながらも前向きな心持ちで次は頑張りますと語った。苦しいのはサクラナイツ。大きな失点が続き遂に7位陥落となった。中位チームとの差をこの先着実に縮めていきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月14日の対戦カード ©ABEMA
11月14日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top