麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/13 Mリーグ2022-23 第1試合結果】苦しいドリブンズにたろうが光をもたらすトップ!オーラス松本はわずかに届かなかったが大きな2着!

【12/13 Mリーグ2022-23 第1試合結果】苦しいドリブンズにたろうが光をもたらすトップ!オーラス松本はわずかに届かなかったが大きな2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」42日目が12月13日(火)に開催された。

12月13日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:二階堂亜樹

西:佐々木寿人

北:鈴木たろう

第1試合

東1局、たろうの先制リーチにマンズのメンホンイーシャンテンの寿人が[赤5]を打ち抜いた。たろうの3900のアガリでスタート。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局 たろう リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東2局のアガリもたろう。親の亜樹のリーチに押し切り、2000・4000のアガリを決めた。

東2局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東2局 たろう タンヤオ, ドラ×3, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局、親の寿人が2600オールのアガリを決めて2着に浮上。

東3局 寿人 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2600オール ©ABEMA

次局はたろうが早々にテンパイも、リーチはせず。そのままツモって親番を迎える。

東3局1本場 たろう ツモ 300・500 ©ABEMA

東4局たろうの親番。先制テンパイは寿人。役ナシのカン[四]待ちをダマテン。

すぐにたろうがリーチ。寿人はすぐに引くが、たろうが一発でツモって4000オールで突き抜ける。

東4局 たろう リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1 4000オール  ©ABEMA

次局は亜樹がリーチして最後の高目[1]をツモって南入。

東4局1本場 亜樹 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー ©ABEMA

南1局、親の松本が先制リーチも流局。しかし次局、亜樹、たろうテンパイのところから松本がカン[四]でリーチ決行。

[四]は残り1枚だが一発でツモ。6000オールでたろうに肉薄。

南1局1本場 リーチ, 一発, ツモ, 東, ドラ×1, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

しかし、次局はたろうが3000・6000のアガリで再び松本を突き放す。

南1局2本場 たろう リーチ, ツモ, ドラ×2, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 ©ABEMA

南2局、流局を挟んで南3局1本場。松本が[発]をポンしてピンズのホンイツ一気通貫の満貫テンパイ。

南3局1本場 松本 發, 一気通貫, ホンイツ 2000・4000 ©ABEMA

ツモって2000・4000。オーラスたろうには跳満ツモ条件まで迫る。

オーラス、たろうがドラの[1]単騎でテンパイ。亜樹が[6][9]。アガれば着順アップ。寿人も仕掛けて[②][⑤]でテンパイしているところに松本がカン[6]でリーチをかけ、全員テンパイ。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA
南4局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南4局 たろうの手牌 ©ABEMA

アガリは松本。しかし2000・4000でわずかにたろうには届かず。たろう逃げ切りとなった。

南4局 松本 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
第1試合トップのたろう ©ABEMA

第1試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+66.9
2位 松本(ABEMAS)+25.5
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲35.0
4位 亜樹(風林火山)▲57.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top