麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/2 Mリーグ2022-23 第1試合結果】オーラス跳満ツモの大逆転!二階堂瑠美が新年最初の試合を個人3連勝で飾る!2着は逆転を許した瀬戸熊直樹!

【1/2 Mリーグ2022-23 第1試合結果】オーラス跳満ツモの大逆転!二階堂瑠美が新年最初の試合を個人3連勝で飾る!2着は逆転を許した瀬戸熊直樹!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」49日目が1月2日(月)に開催された。

1月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瀬戸熊直樹

南:二階堂瑠美

西:園田賢

北:魚谷侑未

第1試合

東1局、新年一発目の配牌は瑠美にドラ[北]暗刻の大物手。

3段目に差し掛かったたころで先制リーチ。[六][九]は山に5枚残り。

東1局 瑠美の手牌 ©ABEMA

両面チーからタンヤオで仕掛けた瀬戸熊も嵌[⑤]のテンパイ。

こちらは山に2枚残りで不利かと思われたが、[赤⑤]をトルネードツモ。

2000オールのアガリを決めた。

東1局 瀬戸熊 タンヤオ, 赤ドラ×2 2000オール ©ABEMA

東1局1本場は魚谷と瀬戸熊のリーチがぶつかる。

東1局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

しかしこの局は瀬戸熊の宣言牌をチーしてテンパイを取った瑠美が制す。

500・1000のアガリで自身の親番へ。

東1局1本場 瑠美 發, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東2局は今期最多登板の園田が先制リーチ。

あえて[3][6]の両面待ちにせず、[5][八]のシャンポン待ちに受ける。

河には么九牌と[五]しかなく、[八]が狙い目と見たか。

東2局 園田の手牌 ©ABEMA

形式テンパイで粘っていた魚谷が[八]を掴み放銃。

5200のアガリで園田がトップ争いに名乗りを上げる。

東2局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東2局 園田 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

園田1人テンパイでの流局を挟んで東3局1本場。

瑠美がピンフのリーチを打ち、自力で決着。

700・1300を加点して局を進める。

東3局 瑠美 リーチ, ツモ, ピンフ 700・1300 ©ABEMA

東4局は親番の魚谷が園田から1500をアガって連荘。

東4局 魚谷 發 1500 ©ABEMA

続く東4局1本場、園田がタンヤオで仕掛けていき先制テンパイ。

そこに[七]を引き戻した瀬戸熊が[4][7]待ちのリーチを放つ。

瑠美の仕掛けによって一発が消えたのち、園田が[7]を掴んで放銃。

瀬戸熊が2600のアガリを決め南入となる。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 瀬戸熊 リーチ, タンヤオ 2600 ©ABEMA

南1局は終盤に親番の瀬戸熊がピンフのリーチ。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

123の三色で仕掛けを入れていた園田。

ドラの[⑥]単騎で追いつくと、次巡にこれをあっさりとツモ。

1000・2000のアガリで再び瀬戸熊、瑠美と並ぶ。

南1局 園田 三色同順, ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

南2局、瀬戸熊がドラの[8]を魚谷からポンしてタンヤオで発進。

魚谷と園田もイーシャンテンで粘っていたが、追いつくことは叶わず瀬戸熊が先制テンパイ。

南2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

唯一跳満となる[赤五]をツモ。

タンヤオ・赤2・ドラ3の3000・6000が決まった。

南2局 瀬戸熊 タンヤオ, ドラ×3, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南3局は瑠美の先制リーチに魚谷がツモ切りリーチで追いかけるも流局。

オーラスへ。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場は瀬戸熊が38,500、園田が24,300、瑠美が22,800、親番の魚谷が12,400という並び。

跳満ツモでトップ浮上の瑠美がドラ4の好配牌を手にする。

山に5枚残りの[①][④]で先制リーチ。

オーラス1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

個人3連勝がかかっていた瑠美。

期待に応えるかの如く[④]をツモ、3000・6000のアガリを決めて逆転トップとなった。

オーラス1本場 瑠美 リーチ, ツモ, ドラ×2, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

最後は兎年らしい「跳」満ツモでの大逆転。

今年も風林火山の快進撃が続くのか。

第1試合トップの瑠美 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑠美(風林火山)+57.1
2位 瀬戸熊(雷電)+15.4
3位 園田(ドリブンズ)▲18.8
4位 魚谷(フェニックス)▲53.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top