麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/4 Mリーグ2023-24 第1試合結果】戦慄のデッドヒート!高宮まりが激しく着順の入れ替わる熾烈な一戦をオーラスの再逆転で制し、今季初トップを獲得!インタビューではエガちゃんねる出演時に約束していたネタを披露!

【12/4 Mリーグ2023-24 第1試合結果】戦慄のデッドヒート!高宮まりが激しく着順の入れ替わる熾烈な一戦をオーラスの再逆転で制し、今季初トップを獲得!インタビューではエガちゃんねる出演時に約束していたネタを披露!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」45日目が12月4日(月)に開催された。

12月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:中田花奈

西:松ヶ瀬隆弥

北:高宮まり

第1試合

東1局、南家の中田が[南][発]をポン、さらに両面チーをして[3][6]待ちのテンパイ。河がマンズのホンイツ模様だったことも功を奏し、イーシャンテンだった松ヶ瀬から[6]を討ち取って3900のアガリ。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 中田 南, 發, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東2局は松ヶ瀬が雀頭のない形でテンパイすると、ノベタンがフリテンだったこともあり暗刻の[北]を1枚切ってくっつきのイーシャンテンに受け戻す。そこに親の中田がドラ2の[⑥][⑨]待ちで先制リーチを敢行。松ヶ瀬も柔軟な選択が活きて[3][6][9]の三面張で張り直し、追いかけリーチ。捲り合いは松ヶ瀬が[⑨]を掴んで決着し、中田が7700のアガリを決めた。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 中田 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

東2局1本場は園田と高宮の2人テンパイで流局。園田の[①][④]待ちリーチにテンパイを入れていた中田が一発で[④]を掴むも、冷静に現物を抜いて放銃を免れた。

東2局1本場 中田の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 流局 ©ABEMA

続く東3局2本場は12巡目に園田がピンフ赤2の[4][7]待ちでテンパイすると、ここはダマに構える選択。しかし次巡にツモ切りリーチを選び、なんと[7]を一発ツモ。3000・6000になる唯一のルートを拾う結果となった。園田が中田をかわしてトップ目に浮上。

東3局2本場 園田の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 園田 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

東4局、親の高宮が残した[六]を暗刻にしてタンヤオの[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。タンヤオドラ2で仕掛けていた中田が直後に追いつき、[三][六]待ちのテンパイに。さらに園田も[南]の後付けでテンパイし3者の捲り合いに突入するも、この局は高宮に軍配。[赤⑤]をツモ、4000オールのアガリを決めてトップ目の園田を僅かに捲った。

東4局 中田の手牌 ©ABEMA
東4局 高宮 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東4局1本場は中田が2巡目にペン[③]のテンパイを外すと、河に置いた[④]を活かして[①][②][③]待ちでリーチを敢行。さらに[⑥]が通ったことで松ヶ瀬が[③]を打ち出して放銃となる。裏ドラが暗刻の[②]となり、8000の加点で再び中田がトップ目に立った。

東4局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 中田 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×3 8000 ©ABEMA

南1局、中田がダブ[南]をポンしてドラ2の満貫テンパイ。終盤にカン[三]から[三][六]へと待ちを変えると、そこに松ヶ瀬からリーチの発声。結果はまたも松ヶ瀬が[六]を掴んでしまい、あまりにも苦しい4度目の放銃。中田は8000のアガリでさらにリードを築く。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局 中田 ダブ南, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南2局は園田が僅か4巡で[6][9]待ちの先制リーチ。途中[六]を暗カンし、タンヤオの付かない安目ながらも[9]をツモ。裏ドラを2枚乗せ、2000・4000のアガリが決まった。中田が親被りしたことで、園田が再びトップ目に浮上。トップ争いは猛烈なデッドヒートに。

南2局 園田 リーチ, ツモ, ドラ×1, 裏ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南3局、中田が赤1の[5][8]待ちで先制リーチ。これに親の松ヶ瀬が押し返し、ドラ[⑦]を重ねて[四][七]待ちで追いかける。リーチ前に高宮が[白]を暗カンしていた上、松ヶ瀬も[①]を暗カンしてドラ表示が3枚となる激しい展開に。このカンで中田の手がドラ4になるも、松ヶ瀬が意地を見せる。山5対2の不利な捲り合いを制し、[四]をツモって4000オールのアガリを決めた。

南3局 中田の手牌 ©ABEMA
南3局 松ヶ瀬 リーチ, ツモ, ドラ×2, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

続く南3局1本場は園田がタンヤオで仕掛けて中田から2000のアガリ。勝負はオーラスへ。

南3局1本場 中田の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 園田 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は園田が41,400、中田が34,900、親の高宮が29,300、松ヶ瀬が-5,600という並び。

園田がタンヤオで仕掛けると、イーシャンテンからカン[⑦]を外してリャンシャンテンに受け戻す選択がうまくハマって[三][六]待ちのテンパイに辿り着く。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA

そこに松ヶ瀬が清一色一気通貫イーペーコーのカン[八]待ちでテンパイ。三倍満ツモで高宮を捲るため、リーチを敢行する。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬のリーチ宣言牌をチーして高宮も[⑦][5][8]待ちでテンパイ。こちらも12000の勝負手。

オーラス 高宮の手牌 ©ABEMA

中田は早々にピンフドラ3のイーシャンテンだったが、後1牌が遠く延々とツモ切りを繰り返す状況。

オーラス 中田の手牌 ©ABEMA

4者4様の勝負が繰り広げられるなか、松ヶ瀬のリーチを受けてトップ目の園田は撤退を選ぶ。

最後は松ヶ瀬と高宮の一騎打ちになると、松ヶ瀬が[8]を掴んで高宮が12000のアガリを決めた。このアガリで高宮は園田を僅かに捲ってトップ目に立ち、連荘となる。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス 高宮 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

オーラス1本場、持ち点は親の高宮が42,300、園田が41,400、中田が34,900、松ヶ瀬が-18,600と変わる。

素点回復に切り替えた松ヶ瀬が[北][南]をポンして早々に[5][8]待ちのテンパイ。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

タンヤオで仕掛けていた園田が[赤5]を打ち出して放銃。最後は松ヶ瀬の3900のアガリで決着となった。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬 南, 北, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

高宮が10戦目の登板で今季初トップを獲得。

インタビューではエガちゃんねる出演時に約束していたギャグを披露し、大いにファンを湧かせた。

第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+62.3
2位 園田(ドリブンズ)+17.2
3位 中田(BEAST)▲5.1
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲74.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top