麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/4 Mリーグ2023-24 第2試合結果】放銃スタートの復活劇!菅原千瑛が東2局2本場に倍満をツモって失点を取り戻すと、続く親番で2度の跳満を決めて個人3連勝となるトップ獲得!連投となった松ヶ瀬隆弥は第1試合に続き苦しすぎる箱下4着!

【12/4 Mリーグ2023-24 第2試合結果】放銃スタートの復活劇!菅原千瑛が東2局2本場に倍満をツモって失点を取り戻すと、続く親番で2度の跳満を決めて個人3連勝となるトップ獲得!連投となった松ヶ瀬隆弥は第1試合に続き苦しすぎる箱下4着!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」45日目が12月4日(月)に開催された。

12月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:滝沢和典

西:菅原千瑛

北:渡辺太

第2試合

東1局、親の松ヶ瀬がダブ[東]ポンから発進し[1][4][7]待ちのテンパイ。そこに太がピンフ赤1高目三色の[三][六]待ちでリーチを敢行。さらに[西]をポンしてソウズのホンイツに向かっていた菅原が[発]もポンして[1][中]待ちで参戦する。菅原が[三]を掴んでツモ切り、太が高目でのアガリをものにする。8000を加点して好スタート。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 菅原の手牌 ©ABEMA
東1局 太 リーチ, ピンフ, 三色同順, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局は太の[⑧][5]待ちリーチに対してダブ[東]をポンした親の滝沢がうまく回り、2000オールのアガリ。

東2局 太の手牌 ©ABEMA
東2局 滝沢 ダブ東, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場は菅原が5巡目に門前ホンイツのテンパイ。雀頭がない形で[三][六][九]待ちのヤミテンを選択する。そこに滝沢が[三]を重ねて七対子でテンパイし、ドラ[6]待ちのヤミテンを入れる。滝沢は次巡に[8]を引くと、[5]を切っていること、ソウズ上の場況がいいことを加味して[8]待ちでリーチを敢行。さらに松ヶ瀬が[⑥][⑨]で追いつき、それを受けて菅原がツモ切りリーチとしたことで、3者の激しい捲り合いに突入。軍配は滝沢に上がり、[8]をツモって3200オールのアガリを決めた。

東2局1本場 菅原の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 滝沢 リーチ, ツモ, チートイツ 3200オール ©ABEMA

アガリのルートがあっただけに悔しさを滲ませていた菅原だったが、続く東2局2本場に大復活を遂げる。七対子ドラ3でテンパイすると、[五]待ちで即リーチを敢行。ほどなくして[赤五]を引き寄せ、4000・8000の大きな一撃を決めた。一気に2着までジャンプアップ。

東2局2本場 菅原 リーチ, ツモ, チートイツ, ドラ×2, 赤ドラ×2, 裏ドラ×2 4000・8000 ©ABEMA

東3局、親番を迎えた菅原がピンフドラ2の[五][八]待ちで先制リーチ。勢いままに[五]を一発で手繰り寄せ、6000オールのアガリを決めた。滝沢を捲ってトップ目に浮上。

東3局 菅原 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

東3局1本場、菅原がピンフドラ1高目三色の[⑤][⑧]待ちで再び先制リーチ。山には高目の[⑧]しか残っておらず、これをツモ。2局連続の6000オールが決まり、持ち点は6万を超えた。

東3局1本場 菅原 リーチ, ツモ, ピンフ, 三色同順, ドラ×1 6000オール ©ABEMA

続く東3局2本場も菅原の勢いが止まらない。僅か4巡でテンパイ、[1][4]待ちでリーチを敢行する。そこに太が赤1の[3][6]待ちで追いかけリーチ。またも菅原のアガリになるかと思われたが、終盤に松ヶ瀬が安全牌に窮して菅原の現物だった[6]を抜き太のアガリ。裏が1枚乗って5200の加点に成功した。

東3局2本場 菅原の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 太 リーチ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

東4局はホンイツに向かった菅原が[赤⑤]をチーしてペン[③]待ちのテンパイ。そこに親の太がカン[5]待ちでリーチを敢行。菅原が[5]を掴むとそのままツモ切り、太が3900の直撃を決めた。

東4局 菅原の手牌 ©ABEMA
東4局 太 リーチ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

続く東4局1本場は滝沢、松ヶ瀬、太の3者が激しくぶつかる。滝沢が[二][五]待ちで先制リーチを掛けると、松ヶ瀬がトイトイの[4][発]待ちでテンパイを入れ、さらに太がペン[⑦]待ちで追いかけリーチ。捲り合いは滝沢の[赤五]をツモで決着し、裏も2枚乗って3000・6000のアガリが決まった。トップの菅原を滝沢が追う格好で南入。

東4局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 太の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 滝沢 リーチ, ツモ, イーペーコー, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南1局は第1試合に続き苦戦を強いられている松ヶ瀬が親番を迎え、5巡目に[①][④]待ちの先制リーチ。そこに菅原がピンフドラ3の[3][6]待ちで追いつき、現物待ちのためヤミテンに構える。ほどなくして自力で[6]を引き寄せ、2000・4000の加点に成功した。菅原は再び滝沢と3万点差まで突き離す。一方の松ヶ瀬にとってはあまりにも苦しい親落ちとなった。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局 菅原 ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南2局、松ヶ瀬が[1][4]待ちで先制リーチ。そこに太が仕掛けて押し返し、カン[五]待ちのテンパイに辿り着く。松ヶ瀬がラス牌の[五]を掴んでしまい、太が5200のアガリ。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 太 發, 中, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局は全員テンパイで流局。親の菅原も手牌を開け、1本場へ。

南3局 流局 ©ABEMA

続く南3局1本場、菅原が[南]をポンして[二][五]待ちのテンパイ。そこに太がピンフドラ1の[①][④]待ち、松ヶ瀬がタンヤオピンフの[2][5]待ちでそれぞれリーチ。太が[①]をツモって決着し、1300・2600のアガリとなった。太が滝沢に迫ってオーラスへ。

南3局1本場 菅原の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 太 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

オーラス、持ち点は菅原が61,900、滝沢が33,500、親の太が25,700、松ヶ瀬が-21,100という並び。

2着逃げ切りを図る滝沢が[一][四]待ちで先制テンパイ。そこに太が赤2の[⑥][⑨]待ちでリーチを敢行。さらに松ヶ瀬が純チャン三色でテンパイし、素点回復の意を込めてペン[⑦]待ちでリーチに打って出る。松ヶ瀬が高目の[⑥]を掴んで太の12000のアガリが決まり、1本場へ。

オーラス 滝沢の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス 太 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×2 12000 ©ABEMA

太と滝沢の着順が入れ替わった状況で迎えたオーラス1本場、松ヶ瀬が赤2のカン[七]待ちで先制リーチ。しかし[七]は山に無く、太から[1][4]待ちの追いかけリーチを受けてしまう。山5対0の虚しい捲り合いは松ヶ瀬がドラの[1]を掴んで決着し、太が5800の加点に成功した。滝沢との差を広げ、菅原を追う。

オーラス1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 太 リーチ, ピンフ, ドラ×1 5800 ©ABEMA

オーラス2本場、持ち点は菅原が61,900、太が45,800、滝沢が33,500、松ヶ瀬が-41,200と変わる。

先制リーチは再び松ヶ瀬。七対子[西]待ちでリーチ。

オーラス2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

そこに滝沢がピンフドラ1の[二][五]待ちで追くと、2着奪還を目指してリーチに打って出る。

オーラス2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

同巡に太もテンパイ。[⑤][⑧]待ちでリーチを掛け、3軒リーチに発展する。

オーラス2本場 太の手牌 ©ABEMA

これを受けて菅原が対子の[西]に手を掛け、松ヶ瀬のアガリ。裏が2枚乗って8000の放銃となったものの、着順はそのまま菅原トップでゲームセットとなった。

オーラス 菅原の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬 リーチ, チートイツ, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

菅原は個人3連勝。東1局では満貫放銃のスタートとなってしまったが、東2局2本場に倍満をツモって失点を取り戻すと、続く親番で2度の跳満を決めて見事な復活劇を見せた。

一方第1試合に続き箱下4着で終わった松ヶ瀬にとってはあまりにも苦しい月曜日となった。

第2試合トップの菅原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 菅原(BEAST)+73.3
2位 太(ドリブンズ)+24.8
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲7.5
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲90.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月4日トータル結果

BEAST(中田3着・菅原1着)+68.2
麻雀格闘倶楽部(高宮1着・滝沢3着)+54.8
ドリブンズ(園田2着・太2着)+42.0
風林火山(松ヶ瀬4着・松ヶ瀬4着)▲165.0

本日は風林火山以外の3チームがまんべんなく加点を決める結果に。一方風林火山の松ヶ瀬にとってはあまりにも厳しい1日となった。個人での4連ラス、かつ本日は連続で箱下という苦しい戦いに。

そんな中でもチームがまだプラスであることが救い、冷静に振り返って、今後しっかり戦って行くと前向きなインタビューだった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月5日の対戦カード ©ABEMA
12月4日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top