麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツインタビュー「もっとMリーグ全体の盛り上がりを目指せるように、少しでも新しいファンを取り入れていけるように頑張っていきたいと思います」

【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツインタビュー「もっとMリーグ全体の盛り上がりを目指せるように、少しでも新しいファンを取り入れていけるように頑張っていきたいと思います」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2020年6月23日にファイナルシリーズを終えたMリーグ。日本プロ麻雀連盟の内川幸太郎(@kotarouchikawa)、岡田紗佳(@sayaka_okada219)、沢崎誠(@sawazakimakoto)の3名のチーム「KADOKAWAサクラナイツ(@kadokawa_sk)」は今季からMリーグに参入。セミファイナルでは快進撃で首位でファイナルに進出したもののファイナルで苦しみ4位という結果となった。

大和証券Mリーグ2019 レギュラーシーズン チーム成績
48.4(4位)

個人成績
内川幸太郎 ▲33.1 (15位/30試合)
岡田紗佳 ▲152.8 (22位/19試合)
沢崎誠 234.3 (5位/41試合)

朝日新聞Mリーグ2019セミファイナルシリーズ チーム成績
284.7(1位)

個人成績
内川幸太郎 69.6 (3位/7試合)
岡田紗佳 33.5 (6位/2試合)
沢崎誠 157.4 (2位/7試合)

朝日新聞Mリーグ2019ファイナルシリーズ チーム成績
▲249.1(4位)

個人成績
内川幸太郎 ▲196.6 (15位/5試合)
岡田紗佳 ▲54.7 (12位/2試合)
沢崎誠 ▲140.2 (14位/5試合)

レギュラーシーズンは沢崎が大活躍。内川は終盤の大事な一戦で黒沢への四暗刻単騎放銃があったものの、その後の出番でしっかりトップを取り、4位でセミファイナル進出。セミファイナルでは3者共しっかりプラスを積み重ね首位に浮上してファイナルシリーズを迎えた。

しかしファイナルではいきなり4連続4着となり、その後結局トップの取れないままファイナルシリーズは無念の4位で終わることとなった。

今季の新設チームとして最後まで戦い続けたKADOKAWAサクラナイツ。今季をどう振り返り、来季は何を目指すのか。

KADOKAWAサクラナイツインタビュー

──ファイナルは残念な結果となりましたが、レギュラーシーズン、セミファイナルでは大活躍でした。1年を振り返っていかがでしょうか。

内川「初参戦ということで、まずチーム名をMリーグのファンの方に覚えてもらうというのが第1目標だったので、ファイナル進出というのは最低限の目標だったので、それをクリアできたのはよかったなと思います。最後は苦しい展開で、牌に恵まれなかったですけれども、沢崎さんの面白い麻雀と、おかぴー(岡田さん)のフレッシュな麻雀と、僕もそれなりに戦えたかなと思っていますので、初年度としては非常にいいものだったなと思っています」

──沢崎さんは、全選手でも最多の試合数でした。たくさん打った感想をお願いします。

沢崎「まぁ、いくら打っても大丈夫です。90戦でも行けます。後半は連投がなかったのがショックですね(笑) ぜひ来季は後半も連投いけるように考えましょう。とりあえず序盤では連投しないように……」

内川「秘密兵器だ(笑)」

──岡田さんはMリーグを大きな舞台、夢の舞台と仰っていました。痺れる戦いもいっぱいあったと思いますが、1年いかがだったでしょうか。

岡田「そうですね……今までにない大きな舞台だったので、自分の中で課題と言うか、問題点も自分の中で分かったので、来年はもっといい感じをお見せできると思います。そのために、オフシーズン中も一生懸命鍛錬したいと思っています」

──この3人というチームでやってみて、いかがでしたか?シーズン当初と今とで違いもあればお願いします。

内川「もともと同じプロ連盟の先輩後輩で、壁もなく、仲がよかったわけなんですけれども、さらに一緒に戦って、いろんなことを話して、さらに絆が深まったかなと思います」

──沢崎さんから見て、後輩2人はいかがでしょうか。成長は感じられましたか。

沢崎「いろいろ練習して、成績が悪くなった時期もちょっとありましたけれど、内容的には良くなっていると思います。ただ、来年はもうちょっと活躍してもらって、僕は引っ張ってもらおうと」

岡田「本当ですか?(笑)」

沢崎「そのくらいのつもりで(笑)」


──岡田さんは、KADOKAWAサクラナイツというメディア企業のチームということもあり、他チームとは少し違う形で、外への発信の仕方もあったと思います。その中で、Mリーグのテーマである「熱狂を外へ」届けるというのは、いかがだったでしょうか?

岡田「うちのチームは、いい意味でも悪い意味でも目立ったチームだったと思うので、それって本当に見てもらえているから、そうやっていろいろ言葉を頂いていると思うので、来年ももっと見ていただけるように、麻雀だけでなく他の方面でも、何かしらやっていきたいと思います」

──最後に今年はファイナル進出の目標をクリアしましたけれども、来季の目標をファンへのメッセージを含めてお願いします。

内川「もっともっと盛り上がりを、Mリーグ全体の盛り上がりを目指せるように。(胸に)スポンサーも入っていますけれども、そういう企業様たちがMリーグに「ついてもいいな」と思えるようにしたいと思います。僕らも、それぞれのプロ活動と、チームとしての活動と、いい麻雀を見せることでしか、やれることはないんですが、少しでも新しいファンを取り入れていけるように頑張っていきたいと思います」

──森井監督に質問です、ファイナルでの選手起用の方針と、来季に向けてのコメントを頂けますでしょうか。

森井監督「セミファイナル同様に、1・2戦目で沢崎誠選手・内川幸太郎選手で先行して、ファイナルの主導権を握ろうとしました。3戦目に内川幸太郎選手を起用したのは当初から予定していた采配ではありましたが、初日に連続ラスという結果が想定外だった以上、状況を踏まえて流れを変えるべく岡田紗佳選手の起用や、ベテランの沢崎誠選手の起用もありえたかなど、監督としての経験不足を非常に感じております。今季を通して、本当に一ファンという立場だった所から、チームをやらせていただいて、すごく楽しかったというか。いい時悪い時の両方を経験できたことはとても大きな事でした。来季はこれを踏まえて優勝できたらな、と思っております」

新規参戦ながらも最後まで存在感を示したサクラナイツ。様々な層のファンを取り入れつつ、来季はもう一つ上の結果に向けて着実に歩みを進める。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top