麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ニュー白鳥が軽快に駆け抜ける!準決勝 第4節 1回戦レポート

ニュー白鳥が軽快に駆け抜ける!準決勝 第4節 1回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリム

10/29(土)16:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ準決勝 第4節 1回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

小林 剛(麻将連合)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

2016RTD_準決勝4節1回戦_1_R                    

2016RTD_準決勝4節1回戦_2_R

開始前、小林が私のところにやってくると、おもむろに狙いを口にした。

小林「ひとまず2着でもいいから、白鳥より上にいればいいんだよね」

なるほど。無理にでもトップを取りに行きたくなる局面だが、確かにそうだ。

 

この最終節、最終戦となる次戦の組み合わせは、1・2・7・8位の卓、3・4・5・6位の卓となる。

2016RTD_準決勝4節1回戦_3_R

つまり、追いかける者にとっては3・4・5・6位卓に滑り込み、ターゲットとなる3・4位と同卓することが非常に重要となるということ。

 

小林「4位ボーダーを見ちゃいそうなところだけど、実はこのポイント状況だと、白鳥の上にいることがけっこう大事なんだよね。そうすれば最終戦をほぼ3・4・5・6位の卓で迎えられるから。2着でもいいからとにかく白鳥の上にいきたいなあ」

確かに、一見すると4位ボーダーを見てしまいそうだが、言われてみれば「白鳥より上にいる」ということの重要性に気づかされる。

 

しかし、小林の狙いはそっくりそのまま白鳥の狙いともなる。先制したのはその白鳥だった。

2016RTD_準決勝4節1回戦_4_R

開局と同時に早いリーチをツモって1300・2600。白鳥が一歩抜け出す。

 

すると、次局には白鳥が南家でこの手牌。

2016RTD_準決勝4節1回戦_5_R

ドラは

私の知っている白鳥は、ここからノータイムでを払っていく、いわば重厚な打ち手である。ドラのないこの手では、チャンタやドラ、三色を追っていくのだ。

しかし、しばし手を止める白鳥。

そして、少考して打ち出されたのは、ドラ表示牌のだった。

2016RTD_準決勝4節1回戦_6_R

これでチャンタを見切ると、イーシャンテンからドラもツモ切って、8巡目に最速のピンフリーチをかけていく。

2016RTD_準決勝4節1回戦_7_R

これは、ずいぶん軽くないか?

この変わりようを見せられては、話を聞かずにはいられない。

対局後、帰ってきた白鳥をつかまえ、真っ先に尋ねた。

 

―「これ、切らないの?」

 

白鳥「普段は切りますよ。でも、最近(今大会と同じトップの比重が大きいルールの)雀王決定戦とかを見ていて、トップ目になったときのこういう手牌は、ストレートに打った方がいいんじゃないかと思ってきたんですよねえ」

 

どうやら、白鳥なりの変革があったようである。

 

白鳥「しかも、この状況だと、相手の剛さんはいつも通り早めの進行でくるから、そこに合わせるためにはスピードを落としたくない。を切っていくのもいいんですけど、ミスったときに致命傷になるのが嫌だから真っ直ぐ打ちました」

 

―「それは、トップ目だから局を消化しつつ、この手牌なら3~4000点の加点を目指しておけば十分なんじゃないか、みたいな?」

 

白鳥「そう、それです」

2016RTD_準決勝4節1回戦_8_R

これをツモって700・1300。イメージ通り、白鳥が3000点弱を加点した。

 

すると、変革のニュー白鳥が、このまま軽快にアガリ倒す。

2016RTD_準決勝4節1回戦_9_R

南1局では、西家で3枚切れのカンでもテンパイを取ってドラの切り。

2016RTD_準決勝4節1回戦_10_R

これに小林からポンテンがかかってしまうが、テンパイ打牌がなんと4枚目ので白鳥が1300で小林をかわす。

2016RTD_準決勝4節1回戦_11_R

2016RTD_準決勝4節1回戦_12_R

 

さらに次局も小林から1300。

2016RTD_準決勝4節1回戦_13_R

 

ここで小林もついに反撃。

2016RTD_準決勝4節1回戦_14_R

1300・2600で、オーラスのオヤに望みをつないだ。

 

そして、オーラス。

まずはオヤの小林がポン、でチー、ポンでこのテンパイ。

2016RTD_準決勝4節1回戦_15_R

安く、待ちもソウズに限定されてしまうが、スピードを合わせるためには仕方なし。

 

すると、逃げ切りを図る白鳥も、遠いところからポン、ポンで追いついた。

2016RTD_準決勝4節1回戦_16_R

 

さらに、同点ラス目の瀬戸熊も、白鳥のアガリ牌を止めた単騎でテンパイ。

2016RTD_準決勝4節1回戦_17_R

 

ラス抜けを果たして1・2・7・8位卓に入りたい多井も、ペンの役なしテンパイを組んだ。

2016RTD_準決勝4節1回戦_18_R

 

4者テンパイの結末は・・・

 

2016RTD_準決勝4節1回戦_19_R

白鳥がをツモってトップを決めた。

2016RTD_準決勝4節1回戦_20_R

2016RTD_準決勝4節1回戦_21_R

「今日のためにトップを獲る練習をいっぱいしてきた」と語った白鳥。

トップ獲りに特化したニュー白鳥が、まずは軽快に3・4・5・6位卓に滑り込み、最終戦に望みをつないでいる。

 

■次回放送(決勝1日目):11月8日(火) 17:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top