麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
村上淳2勝目に「一安心」 小林剛が3連勝で独走/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION

村上淳2勝目に「一安心」 小林剛が3連勝で独走/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION17・18回戦が3月29日に放送され、17回戦で村上淳がトップ。18回戦では小林剛が3連勝で独走態勢に入った。

 「(収録日の)内容が良くないが、これから戦う半荘はわからないので、引きずらないように行きたい」と対局前に語っていた村上。

 東1局にいきなり白鳥に8000点を放銃して危ぶまれたが、東3局に16000点(リーチ・ツモ・ホンイツ・白・裏ドラ2)をツモり、一気に点数を回復した。

東3局 南家 村上 ドラ 裏ドラ

 ツモ

 ▲リーチ時にカン待ちのイッツーにも取ることが出来たが、リャンメンリーチを選択して、裏ドラになるをツモ

 

 その後、トップでオーラスを迎えた村上は5本場まで連荘し、55000点まで点数を増やした。

 「寿命が縮まりました。一発放銃からスタートして、またラスじゃないかと思っていたのですが。序盤戦を終えて、準決勝争いどころか降級争いになるところでマイナスが二桁になったので、一安心というところです。」とホッとした表情を見せた。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 17回戦
順位選手名ポイント
1 村上淳 75.0
2 白鳥翔 2.3
3 多井隆晴 ▲24.9
4 瀬戸熊直樹 ▲52.4

 

  連勝で258.0ポイントまで伸ばした小林は18回戦も絶好調。東2局1本場の親では「小林の独走許すまじ」と意気込む萩原とのめくり合いに勝って6000点(リーチ・ツモ・ドラ)+2300点、続く2本場では萩原から5800点(ダブ東・發)+1600点をアガリ、早々にリードを広げる。結局47500点のトップで3連勝(今季5勝目)を決めた。2位との差が約250ポイントとなり、準決勝進出が当確にも見えるが「まだまだ鳴き忘れなどのミスがあるので、無くしていかないといけない」と気を引き締めていた。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 18回戦
順位選手名ポイント
1 小林剛 67.5
2 松本吉弘 7.8
3 内川幸太郎 ▲21.2
4 萩原聖人 ▲54.1
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 18/54
順位選手名ポイント
1 小林剛 325.5
2 白鳥翔 88.2
3 多井隆晴 85.1
4 萩原聖人 ▲8.3
5 村上淳 ▲47.8
6 瀬戸熊直樹 ▲57.0
7 松本吉弘 ▲98.2
8 内川幸太郎 ▲287.5

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top