麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
石橋伸洋がリードを守り切り首位通過で準決勝進出、仲田加南が敗退に/ RTDトーナメント2019 グループD 3,4回戦 結果

石橋伸洋がリードを守り切り首位通過で準決勝進出、仲田加南が敗退に/ RTDトーナメント2019 グループD 3,4回戦 結果

CABO求人全自動麻雀卓スリム

『藤田晋 invitational RTDトーナメント2019』のグループDの3回戦、4回戦が7月7日(日)に放送された。

対局メンバー

石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
石橋伸洋白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)
白鳥翔瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)
瀬戸熊直樹仲田加南(日本プロ麻雀連盟)(初出場)
仲田加南

©AbemaTV

RTDトーナメントグループD1,2回戦結果

グループD 2回戦終了時点の結果 ©AbemaTV

3回戦

序盤は石橋と白鳥がリードして進めたが、南1局1本場の親番に瀬戸熊がリーチ・ツモ・赤・ドラのアガリを決めて上位に二人を交わしてトップ目に立つ。

南1局1本場 瀬戸熊の4000オール ©AbemaTV

その後南2局に石橋先制リーチの白鳥から12000をアガり再びトップ目に。リーチ時点で白鳥は山に5枚、石橋の待ちは1枚だったが白鳥にとって厳しい結果となった。

その後の1本場石橋とおよそ1万点差の瀬戸熊が残りのツモ番1回でリーチに踏み切り、ドラを一発ツモ。3000・6000のアガリを決めてトップをもぎ取りトータル首位の芽を残した。オーラスは白鳥が3着を確保するアガリで3位での通過に望みをつないだ。

南2局1本場 瀬戸熊の3000・6000 ©AbemaTV
3回戦の結果 ©AbemaTV
3回戦の終了時点のトータル ©AbemaTV

4回戦

石橋と瀬戸熊の首位争い、仲田と白鳥の3位争いと焦点がはっきりとした4回戦を迎えた。

白鳥の3位条件 ©AbemaTV
瀬戸熊の1位条件

東1局、まずは石橋が平和・高め三色のリーチ。仲田との2軒リーチとなった。瀬戸熊が勝負に出るも石橋に捕まり8000。首位争いの決め手となりえる大きなアガリが東1局に生まれた。

東1局 石橋の8000 ©AbemaTV

東2局は仲田と瀬戸熊がそれぞれ大物手をテンパイ、しかし白鳥が仲田からの2600をアガリ事なきを得た。

白鳥は引き続き攻め続け、東3局にはツモれば4000・8000のリーチを打つも流局。しかしその後の1本場で仲田から8000の直撃を決め、現状トップラス。一気に条件を作り上げた。

東3局1本場 白鳥の8000 ©AbemaTV

その後南1局は瀬戸熊が仲田から8000をアガり仲田は一気に苦しい状況となった。南2局、仲田の親番、南3局の親番はどちらも石橋がアガりきり、オーラスも伏せて終局。白鳥と石橋の巧みなゲーム回しが目立った半荘となった。

 
グループD 4回戦の結果 ©AbemaTV
グループDの最終結果 ©AbemaTV
RTDトーナメント本戦のシステム ©AbemaTV

首位の石橋は準決勝進出、2位の瀬戸熊はクオーターファイナルAに進出、3位の白鳥はクオーターファイナルBに進出、仲田は敗退となった。

首位通過の石橋は「最終ポイントだけを見ると楽勝に見えますが、瀬戸熊さんに十分条件が残っていたので楽な戦いではなかったです。1ゲーム目、2ゲーム目の連勝が大きかったですね。普段よく仕掛けているからこそアガれた小四喜だったとも思います。準決勝も、自分ができる麻雀をするだけです。引き続き頑張ります。」と語った。

次回はクオーターファイナルAの1回戦が放送される。猿川真寿、勝又健志、藤崎智、瀬戸熊直樹の対局となる。

RTD トーナメント2019本戦のグループリーグが終了、クオーターファイナル以降の卓組が決定

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

©AbemaTV

関連記事

RTDトーナメントサバイバルマッチ結果

RTDトーナメントグループA結果

RTDトーナメントグループB結果

RTDトーナメントグループC結果

RTDトーナメント本戦組み合わせ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top