麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
滝沢和典がセクシーな手順の跳満連発で芸術的な勝利!朝倉康心は予選で大四喜を決めるも決勝オーラスの逆転手が実らず/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 最強の麻雀戦術本プロ決戦

滝沢和典がセクシーな手順の跳満連発で芸術的な勝利!朝倉康心は予選で大四喜を決めるも決勝オーラスの逆転手が実らず/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 最強の麻雀戦術本プロ決戦

CABO求人ニルウッドカバー

5月10日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2020」の男子プロ代表決定戦「最強の麻雀戦術本プロ決戦」が行われた。

配信ページ

▼公式アンバサダーに就任した楠栞桜(@Sio_Kusunoki)さんによる裏解説Youtube配信も!

今回の最強の麻雀戦術本プロ決戦大会は、Mリーガーが6名かつチームメイト同士が予選でぶつかりあう熾烈な対局が繰り広げられた。

コロナウイルス感染防止対策も万全体制 ©ABEMA

A卓からは滝沢と勝又の風林火山の2名、B卓からは東1局で大四喜をアガった朝倉と白鳥が決勝に進出した。

予選A卓は序盤に勝又がリード。その後滝沢が鈴木優、渋川から勝負手をアガリきり盤石の体制でワンツーフィニッシュを決めた。

予選B卓 東1局 親の朝倉の大四喜 ©ABEMA

予選B卓東1局は白鳥が早めに朝倉を警戒してを止め、その後朝倉が自力でを引き聴牌に辿り着く。その後松本が待ちの聴牌でリーチに出るも、無情にもを掴み放銃となった。

決勝は序盤にアガリを重ねた白鳥が一歩リード。東2局に滝沢からリーチ・平和・三色のアガリを決めて37200点まで持ち点を伸ばした。

東2局 白鳥の8000 ©ABEMA

しかしここから滝沢が技を魅せる。東3局、まずは裏目を逆に活かしたフリテンリーチを一発高めツモで3000・6000。一気に白鳥に詰め寄る。

東3局 滝沢の3000・6000 ©ABEMA

引き続き迎えた東4局の親番では3900のアガリを決めた後の1本場、純チャン・平和・三色のラス牌のをツモって6000オール。大きくリードを広げた。

東4局1本場 滝沢の6000オール

その後滝沢がリードを維持したままオーラスを迎えた。オーラス、滝沢からの跳満直撃、倍満ツモ、勝又白鳥からは三倍満条件の朝倉がメンチンの聴牌を入れる。

南4局 朝倉の手牌 ©ABEMA

切りの時点ではの聴牌。では平和・一気通貫・一盃口・ドラもついて三倍満となる。

引きでの待ち選択となり、朝倉はを選択。山にはの方が1枚多かったが、無情にもをツモり、はツモれないまま終盤へ。

南4局 勝又の四暗刻テンパイ ©ABEMA

勝又が残りツモ1回となるもここで四暗刻テンパイを入れた。最後の最後までどう転ぶかわからない1局となったが勝又、朝倉共にツモることはできず、滝沢の逃げ切り優勝となった。

久々のファイナル進出を決めた滝沢は「白鳥さんに満貫の放銃があった為に、その後に高い手をしっかり狙う手順がうまく行ってフリテン残しの3000・6000、6000オールと高い手が入ってくれました。放銃がなかったら別の手順になっていたかもしれませんね。6000オールは安めのでもアガるつもりでいました。最強戦はいつもいい切られ役みたいな存在で、オーラスも朝倉さんの息づかいで逆転手が入っていたことが感じていたので逃げ切れてホッとしています。きっと本ももっと売れることでしょう(笑)」と喜びを語った。

次回は6月27日(土)15時から「次世代プロ集結 麻雀代理戦争」がABEMAにて放送。

次回 麻雀代理戦争の出場者 ©ABEMA

滝沢和典は鈴木大介、近藤誠一、新津潔、新井啓文に続いて5人目のファイナル進出者となった。

大会結果記事

近藤誠一が激戦を制してファイナル進出!/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 超攻撃型プロ決戦

新津潔が決勝戦オーラスに劇的な四暗刻を決めてファイナル進出!/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 キングオブ鉄人

代打出場の新井啓文が激戦を制してファイナル進出!/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 プロ雀士ランキングベスト16

関連URL

麻雀最強戦HP

最強戦ガールズとアシスタント告知記事

楠栞桜さんが麻雀最強戦2020公式アンバサダーに就任!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top