麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
リーチとダマテンを使い分け井出洋介がファイナルへの切符を手にする!/麻雀最強戦2021 因縁の血闘

リーチとダマテンを使い分け井出洋介がファイナルへの切符を手にする!/麻雀最強戦2021 因縁の血闘

BULL2021求人朝宮あろま

3月14日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2021」のプロ代表決定戦「因縁の血闘」が行われた。

配信ページ

今年の麻雀最強戦の開幕戦となった今回はMリーガー4名、去年のファイナリスト5名を含む豪華な布陣で行われた。

A卓からは井出洋介朝倉康心が決勝に進出。B卓からは堀慎吾、新井啓文が決勝に進出した。

井出はこれまで最強戦でもダマテンにこだわるシーンがあったがこの日は積極的なリーチ攻勢に出る場面が多く見受けられた。

決勝戦では東1局に5800をアガった堀がリードしたが、東3局に親番を4着目で迎えた井出がなんとタンヤオのみのシャンポン待ちをリーチ。一発ツモの4000オールを決めてトップ目に浮上した。

東3局1本場 井出の4000オール ©ABEMA

しかし朝倉が2000・4000を決めた後、堀が4000・8000の大きなアガリを決めて井出は3着目と後退する。

東3局2本場 朝倉の2000・4000 ©ABEMA
東4局 堀の4000・8000 ©ABEMA

しかし今日積極的にリーチに出ていた井出が南2局にホンイツ・七対子のダマテン。トップ目の堀から8000の直撃を決めて点差を一気に縮めた。

南2局 井出の8000 ©ABEMA

そして次局親番でも2600オールを決めて抜け出した。

南3局 井出の2600オール ©ABEMA

南3局では新井が2000・4000、南4局では朝倉が4000オールを決めて大接戦の最終局となったが、最終局は流局となり井出が逃げ切りトップを確保。最強戦ファイナルの出場権を獲得した。

次回は3月21日(日)15時から「女流チャンピオン決戦」がABEMAにて放送。各団体の女流タイトルホルダーとMリーガーが集まり雌雄を決する。

関連URL

麻雀最強戦HP

麻雀最強戦2021アシスタントに元乃木坂46の中田花奈!最強戦ガールには杉浦まゆ、美里麻が就任!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top