麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
一騎打ちの接戦を制して片山まさゆきがファイナル進出!大村朋宏はあと一歩及ばず!/麻雀最強戦2022 著名人最強決戦

一騎打ちの接戦を制して片山まさゆきがファイナル進出!大村朋宏はあと一歩及ばず!/麻雀最強戦2022 著名人最強決戦

BULL2021求人朝宮あろま

8月7日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナル進出枠1つを争う対局「著名人最強決戦」が行われた。

今回は麻雀好きで知られる著名人8名による戦いが繰り広げられた。

配信ページ

対局者

【A卓】本郷奏多 森川ジョージ 片山まさゆき 福本伸行
【B卓】香川愛生 大村朋宏 加藤哲郎 瀬川瑛子

予選

予選A卓は片山と本郷が抜け出す展開。福本も徐々に点差を縮めたが本郷、片山が逃げ切りを決めた。

東3局 森川の九蓮宝燈イーシャンテン ©ABEMA
南4局 森川の国士無双聴牌 ©ABEMA

森川は2度の役満チャンスが訪れたが悔しい不発。福本もあと一歩まで追い詰めたが敗退となった。

 

予選B卓は大村と香川が安定した戦いでリードする展開。加藤、瀬川にとっては苦しい展開が続いた。

オーラス、倍満ツモ条件の瀬川は白、ホンイツ、高め一気通貫のリーチ。高めの[⑨]をツモれば倍満の手だったが安めの[⑥]引き。アガった場合は裏ドラが2枚以上が必要。瀬川はしばし考えるもこの[⑥]を手放し高めツモでの逆転にかけたが流局。大村、香川が決勝に進出した。

南4局1本場 瀬川は安めツモ切りを選択 ©ABEMA

 

決勝東1局、親番の片山が先制リーチを一発ツモ。4000オールのアガリでリードを得た。

東1局 片山の4000オール ©ABEMA

東2局1本場でも親の本郷とのめくりあいを制して片山が2000・4000で追加点を獲得。優勝に一歩近づいた。

東2局1本場 片山の2000・4000 ©ABEMA

逆襲に名乗りを上げたのは大村。東3局の親番で4000オールを決めて点差を縮めた。

東3局 大村の3000・6000 ©ABEMA

東3局1本場には香川が七対子で3000・6000。まだまだ試合展開はわからない状況となった。

東3局1本場 香川の3000・6000 ©ABEMA

供託がたまった南1局2本場の片山の親番。仕掛けて連荘を狙った片山だったが大村が平和ドラ1のリーチをツモって1300・2600。片山をわずかにかわしてトップ目に立った。

南1局2本場 大村の1300・2600 ©ABEMA

そしてその後の南2局。香川のリーチを受けながらも大村がドラ暗刻で聴牌。本郷からのアガリを決めて一歩リードを得た。

南2局 大村の8000 ©ABEMA

南3局は本郷と片山の2軒リーチ。片山が5200のアガリを決めて大村と3400点差まで縮めてオーラスを迎えた。

南3局 片山の5200 ©ABEMA

南4局、片山が誰からアガっても逆転となる平和ドラ1のリーチにたどり着く。大村も仕掛けて聴牌にたどり着いたが聴牌打牌が片山に捕まり片山が逆転勝利でファイナルへの進出を決めた。

南4局 大村の聴牌 ©ABEMA
南4局 片山の3900 ©ABEMA

 

優勝を決めた片山は「起家スタートとなったので序盤でリードを広げないと厳しいなと感じていましたが、4000オール、2000・4000を決めていい感じに進められましたが、誰か1人は追いついてくるだろうと思っていました。案の定、大村さんがしっかり追いついて、そして中ドラ3でリードを取られてこれはやられたかなと。南3局の本郷さんとの2軒リーチは、ドラの方じゃない[五]の方だとオーラスの条件が厳しくなるので見逃そうかなと考えていました。普段一緒に打ってくれる皆様の応援のおかげでファイナルに進出できたと思います。ご視聴下さった皆様ありがとうございました!」と対局を振り返った。

8月14日 麻雀最強戦2022女流プロ最強新世代 出場メンバー ©ABEMA

次回は8月14日(日)「麻雀最強戦2022女流プロ最強新世代」が開催される。

関連URL

麻雀最強戦HP

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top