麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
予選では小四喜!紆余曲折の展開を潜り抜け丸山奏子がファイナル進出!/麻雀最強戦2022 女流最強スター決戦

予選では小四喜!紆余曲折の展開を潜り抜け丸山奏子がファイナル進出!/麻雀最強戦2022 女流最強スター決戦

BULL2021求人朝宮あろま

4月9日(土)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナル進出枠1つを争う対局「女流最強スター決戦」が行われた。

 

今回は女流選手8名、いずれもMリーガーの華々しい戦いが繰り広げられた。

配信ページ

対局者

【A卓】高宮まり(日本プロ麻雀連盟)  伊達朱里紗(日本プロ麻雀連盟) 日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)
【B卓】丸山奏子(最高位戦日本プロ麻雀協会) 茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会) 岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟)二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)

予選A卓からは高宮まり、日向藍子、B卓からは丸山奏子、二階堂亜樹が決勝に進出。

B卓南1局 丸山の小四喜 ©ABEMA

B卓では南1局、5500点持ちの4着目と苦しんでいた丸山が配牌時点では南2枚、西2枚、北1枚のところから大胆に唯一の面子456mを落として高打点を狙った。そして山に3枚残りの小四喜聴牌にたどり着きツモアガリ。

驚異の手順で8000・16000を成就させ決勝に進出した。

決勝東4局3本場 高宮の5800 ©ABEMA

決勝戦は僅差の戦いとなった。東4局に高宮がやや抜け出す5800のアガリを決めたが、その次局は丸山が高宮から2600のアガリを決めて誰も抜け出さない展開で南入。

東4局4本場 丸山の2600 ©ABEMA

そんな中、南1局で亜樹が混戦を一歩抜け出す1600・3200のアガリを決めた。

南1局 亜樹の1600・3200 ©ABEMA

南3局は親の亜樹にチャンス配牌、さらに加点を決めるかと思われたが丸山が1300・2600のアガリ。これで亜樹と2900点差まで縮めてオーラスを迎えた。

南3局 亜樹の配牌 ©ABEMA
南3局 丸山の1300・2600 ©ABEMA

南4局では丸山が道中東を暗槓せずの選択。高めのドラであれば条件を満たすリーチを打ったが安めの[⑤]ツモ。裏ドラ条件にはかけずここはあがらずを選択してもう1局となった。

南4局 流局で高宮連荘 ©ABEMA

最終局となった南4局1本場は亜樹の先制リーチに立ち向かった丸山がアガリを決めて決着。熾烈な展開を制して優勝を決めた。

南4局1本場 丸山の500・1000 ©ABEMAS

「オーラス1局目は500・1000では足りないということが頭に入ってしまって、ピンフの事を考えてしまったために東の暗槓による打点上昇が頭から抜けてしまって切ってしまい、敗着になりかねない大きなミスで恥ずかしい場面をお見せしてしまいました。しかし次局の勝負でアガリきれて幸運が向いてくれたなという思いです。私は色んなことを同時に平行して考えてしまうとどれかは抜け落ちてしまったりするので、ファイナルまでにはたくさん練習を積んで、よりよい麻雀が打てるようになるよう努力していきます」と対局の反省を語った。

5月1日 女流チャンピオン決戦出場選手 ©ABEMA

次回は5月1日(日)各団体の頂点に君臨する女流プロの熾烈な戦い、女流チャンピオン決戦が開催される。

関連URL

麻雀最強戦HP

劇的な倍満ツモ条件を満たしての奇跡の逆転!瀬戸熊直樹が最強位戴冠!/麻雀最強戦2021 FINAL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top