麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
勝負を分けたのは聴牌料!渋川難波が接戦を制してファイナルへの切符を勝ち取る!オーラスに関する聴牌ノーテンのレギュレーションも追加に/麻雀最強戦2022 タイトルホルダー頂上決戦

勝負を分けたのは聴牌料!渋川難波が接戦を制してファイナルへの切符を勝ち取る!オーラスに関する聴牌ノーテンのレギュレーションも追加に/麻雀最強戦2022 タイトルホルダー頂上決戦

BULL2021求人朝宮あろま

6月25日(土)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナル進出枠1つを争う対局「タイトルホルダー頂上決戦」が行われた。

今回はビッグタイトルを獲得したトッププロ8名が集結した。

配信ページ

対局者

【A卓】鈴木優 渋川難波 佐々木寿人 小林剛
【B卓】河野高志 渡辺史哉 仲林圭 奈良圭純

予選

予選A卓は寿人がリードする展開に。オーラス親番の渋川は2着目の状況。

3着目小林、4着目鈴木はどちらも満貫ツモで2着浮上となる最終局となった。

南4局 鈴木の聴牌 ©ABEMA

場にたくさん切れているマンズの3面張か、ソーズの2面待ちかの選択。どちらでもツモれば2000・4000以上は確定。残り短い山でツモることができるか・・・

南4局 寿人の700・1300 ©ABEMA

しかし跳満放銃まで問題ない状況の寿人が平和の聴牌でそのまま押し切りアガリを決めて寿人、渋川が決勝進出となった。

B卓は序盤から次々とアガリを決めた奈良が大きく抜け出して完勝。

東4局 奈良の8000 ©ABEMA

2番手争いは親番が落ちてからの粘り込みを決めた河野高志がオーラスの2000・4000で逆転。奈良と河野が決勝に進出した。

南4局 河野の2000・4000 ©ABEMA

決勝

東2局1本場に奈良がドラ2の先制リーチ。ツモって更に裏2で3000・6000のアガリでリードを得る。

東2局1本場 奈良の3000・6000 ©ABEMA

しかし東3局に思わぬトラブルが発生。渋川と奈良が形式聴牌を入れて流局したかと思われた場面だったが

東3局 奈良の手牌 ©ABEMA
東3局 奈良も聴牌していたが、間違えて伏せてしまった ©ABEMA

本来は渋川と奈良が2人聴牌となる場面だったが、奈良が手牌と伏せてしまった。「開けたつもりでいて、なぜ河野さんはこちらに点棒をくれないんだろう……と思って自分の手牌を見て伏せていて驚いた」とこの場面についてインタビューで話していた。

立会人に裁定を仰いだが、伏せた時点でノーテン宣言をしたとみなされ、渋川の一人聴牌の点棒授受が行われた。最終的にはこのミスが大きく響くこととなる。

南2局1本場 渋川の2600 ©ABEMA

渋川はそこから徐々に点差を縮め、遂に南2局1本場でトップ目に立った。

南3局1本場でも渋川がリーチ・七対子の3200。このアガリでオーラスを親番を奈良と3900点差で迎えた。

南3局1本場 渋川の3200 ©ABEMA

オーラスの各者条件は河野が三倍満以上のツモアガリ。寿人は跳満以上のツモ。奈良は渋川との3900点差を縮めれば優勝となる。同点でも席順有利なので3900のアガリもOKだ。

また、奈良の1人聴牌、奈良河野寿人の3人聴牌でも逆転となる。渋川はまだノーテンにはできない点差となった。

南4局 奈良の聴牌 ©ABEMA

奈良が[②]ポンして聴牌、[4]でアガれば優勝となる聴牌だ。

最終ツモ番、渋川は聴牌できず ©ABEMA

そして最終ツモ番、渋川は聴牌を入れることができなかった。奈良一人聴牌であれば逆転を許してしまう場面だが……

南4局 河野は聴牌を取りきっていた ©ABEMA

河野は次局以降の条件緩和のためには渋川と二人聴牌での続行が自分にとっての最善の結果のため聴牌をとりきっていた。

渋川はノーテン、奈良は聴牌を宣言、河野は…… ©ABEMA

河野は自分が聴牌を宣言すれば渋川が優勝、ノーテンを宣言すれば奈良が優勝、そしてどちらを選択したところで自分にとってのプラスの要素が無い状況で特に聴牌を宣言するメリットもない。しかし手牌は聴牌してしまっている。

自分の宣言で優勝者を決める場面となってしまった河野はこの場面どうすればいいんだ……となってしまった。

河野は最終的にテンパイを宣言。優勝は渋川に ©ABEMA

最後は立会人の指示もあり聴牌を宣言。優勝は渋川となりファイナルへの進出を決めた。

今回の件を踏まえ、麻雀最強戦ではオーラス子方の聴牌ノーテンに関するレギュレーションが定められた。
・親以外が聴牌している場面では自身が聴牌している場合、ノーテン宣言ができない
・放送対局以外では、ノーテン時でも手牌を開示し、全員で確認して聴牌ノーテンの授受を行う(プロ予選でも適用される)

というルールが追加されることとなった。

優勝を決めた渋川は「とにかくうれしいの一言です。最後絶対にノーテンにはできないと思っていたんですけど聴牌に取れなくて……焦らず、自分なりの麻雀はしっかり打てたと思います。最後の場面は僕は当事者なので何も言えなかったですね、聴牌取れなかったことは自分の責任だったので。14758pのリーチ、打った時は1pではアガらないぞと思っていたけど親リーチとのめくりあいになったので切り替えてアガって、この打点差が響かなければいいな…と思っていました。ファイナルではもっとスカッとした勝ち方でおめでとうと言ってもらえるように頑張ります!」と語った。

7月17日 麻雀最強戦2022男子プロ因縁の抗争 出場メンバー ©ABEMA

次回は7月17日(日)「麻雀最強戦2022男子プロ因縁の抗争」が開催される。

関連URL

麻雀最強戦HP

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top