麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
マージャンで生きる人たち 第20回 声優 小山剛志 「もがき、あがき、考える日々。一体いつまで続けられるのか」

マージャンで生きる人たち 第20回 声優 小山剛志 「もがき、あがき、考える日々。一体いつまで続けられるのか」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

一度聞いたら忘れられない奥行きのある声。AbemaTV麻雀番組・麻雀日本一決定戦『麻雀最強戦』(竹書房主催)のMCとして、番組を盛り上げているのは、声優・小山剛志さん。歌手、イベントプロデューサーでもあり、毎日が最強戦予選という夢のようなコンセプトを持つ雀荘『麻雀オクタゴン』のオーナーでもある。多岐にわたって活躍する小山さんに、仕事論とノーレート雀荘の現状を聞いた。

 

小山剛志(こやま・つよし)プロフィール

1967年、愛知県生まれ。A型、天秤座。早稲田大学卒。アクロスエンタテインメント所属。声優、歌手、イベントプロデューサー。禁煙ノーレートフリー雀荘『麻雀オクタゴン』オーナー。好きな役はメンタンピンツモ。

 

声優を志したのはいつ頃だったのですか?

「声優というか、最初は舞台役者として活動を始めたのですが、スタートはだいぶ遅かったですね。24歳で大学を卒業、役者業の世界に足を踏み入れたのは卒業してからです。役者業はいつ形になるかは分からないし、長くやったからといって必ず飯が食える状態になるわけでもありません。進路の話になる度、バリバリのビジネスマンだった親父とはよくぶつかってました。何としても一生の仕事として成立させるんだという覚悟が決まり、何とか親父の許しも得て、この世界に飛び込んだのが24歳の春。飛び込んではみたものの、すぐに役者としての仕事なんかあるはずもなく、収入源のほとんどはバイトによるものでした」

「本格的に声優の仕事を始めたのは、富野由悠季監督の『∀(ターンエー)ガンダム』というアニメでデビューしてからです。でももちろんそれだけで食っていけるわけもなく、なんだかんだ30代後半まではバイトしながら食いつないでいたって感じです。それはもう色んなバイトをやりました。その中にはあまり公には出来ないものもありますね(笑)」

 

麻雀を始めたのはいつ頃だったのですか?

「高校1年の時、仲間内でやってみようということになり、いつの間にか毎週土曜日は友人の家で徹マン。それから35年間ずっとやってきて、始めた頃と変わらない新鮮な気持ちで楽しむことができる。これはもうおそらく死ぬまでやるんじゃないですかね(笑)」

 

麻雀MCを担当することになったきっかけは?

「そもそものきっかけは2008年、麻雀対局DVD『声優グランプリ公認!声優界〈雀王〉決定戦!〈J-1グランプリ〉』を制作したことにさかのぼります。この企画には、植田佳奈さんをはじめ、売れっ子声優たちが集結してくれ、面白そうだからどうせならDVD化しちゃおうなんてノリで制作しました。1巻で終わるつもりが好評だったので、最終的には4巻まで制作しました。そのDVDを見た竹書房の麻雀最強戦プロデューサーから、2011年に番組MCのオファーを頂いた次第です」

aaaad0926244eb1d4a2716d2923c594f4c2228f3279std
人と人を結びつけるマンパワーこそ、小山さんの真骨頂。麻雀好きに国境はない

 

なぜ雀荘オーナーになろうと思ったのですか?

「2014年の麻雀最強戦ファイナルが終わった打ち上げの席で竹書房の方に『雀荘とかやってみたらどうっすか? ウチも協力しますよ!』なんて軽い感じで言われたのを真に受けてしまいました(笑)。それまで副業にはいっさい興味が無かったのですが、雀荘経営? ちょっと面白そうだなって思ってしまったのが、運命のいたずらでしたね」

「ちょうどその頃は、成績を競い合う麻雀に魅入られ始めた時期でもありました。漫画家の片山まさゆきさんと馬場裕一プロが主宰されている『GPC(グッドプレイヤーズクラブ)』に参加させてもらったり、声優をはじめアニメ業界の人たちが参加する『二次元業界麻雀部』の大会で成績を競い合う内に、お金なんかよりも名誉を賭けた戦いのほうが、何十倍もドキドキできることに気づきました」

 

お店のコンセプトは?

「プロ雀士たちには、リーグ戦という刺激的な戦いの場があるのに対して、我々アマチュアにはそういった場が少なかった。アマチュアだって日々成績を競い合い、ドキドキ感を味わいたい。だったら作ってしまおうということで『毎日が最強戦予選!!』をコンセプトととし、2015年12月にオープンしました」

「年に数回しか行われなかった麻雀最強戦のアマチュア予選大会に毎日参戦できる。そうすると一発勝負ではなく、回数を重ねられるので、より実力が出やすくなるはずです。競技麻雀愛好者にとって需要があるのかどうか。確信はなかったのですが、飛び込んでみる価値はあると思い、竹書房さんに相談して現在のリーグ戦形式になりました」

aaa75245fd67f4dfec75cbdf669c6573e6305bf4047std
2014麻雀最強位、サイバーエージェント・藤田晋社長も麻雀オクタゴンアマチュア予選に参戦中!

 

次ページ 雀荘の経営は想像以上に大変だった

新着記事

Return Top