麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第66回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第66回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂は対戦や贈り物によってプレイヤーキャラとの絆レベルを上げることができます。レベルアップした時の画面はこんな感じです。

私も(麻雀)本と麻雀ばかりの毎日ですが、とっても楽しいですね(笑)

雀魂牌譜

東1局

雀頭が無いので、5ブロックですがメンツ候補オーバー。ピンズソーズが共にリャンカンの形で、1シャンテンへの受け入れでは打が勝りますが、ピンズのリャンカンはカンチャン+ドラ(強浮き牌)とも見なせます。こういう時はなおのこと、強浮き牌にくっつく変化で手広くなり、高打点が狙いやすいように先にマンズペンチャンを払うのが有力です。

結果的にはペンチャンを残していれば1000-2000のところが8000になりました。

東3局1本場

が残り1枚で、ドラは振り替えがきくという理由で打としましたが、でドラ受けかつ789三色目ができるとなれば依然としてマンズ4連形は相当強い浮き牌。打ツモで受けが弱くなることが気になりましたが、それもマンズ4連形が残ってより強い変化が見込めるので悪くありません。のみ手悪形テンパイでリーチを打つのが損とみるなら打もあります。どちらがよいかを判断するのは難しいですが、いずれにせよマンズは残すべきでした。

三色は789だけでなく678、567も有り得るのがミソ。今回はいずれにせよ手順的に追えなかった可能性が高いですが、満貫ツモになっていたかもしれない手牌がツモのみのアガリ。アガれたことを喜ぶべきですが、やっぱりどこか手牌を開けるのが恥ずかしくなってしまいます。

下家の親はピンズホンイツ傾向の仕掛けにも関わらず手出しでピンズと字牌を連打。かといってトイトイやチャンタだったとしても残されそうな牌が切られているので、トイトイかチャンタも複合していて、残りの字牌がトイツ以上の可能性も高そうです。親が手牌構成を絞りやすい高打点テンパイの可能性が高く、こちらは仕掛けに通っている牌でテンパイ。トップ目の対門と大きく点差がついた2着目なので加点のリターンより放銃のリスクが大きいので流石にダマに受けます。

手出しでと切っているので、下家の待ち候補は、のまたぎスジでないピンズか字牌のシャンポン、字牌単騎、あるいはというところ。それならは通りそうと思いましたが、ドラなので、からの打はトイトイが消えるとはいえむしろ自然な手順。他の待ちより可能性は低そうですが、元々手牌構成がかなり限定されているうえに、レアケースだとしても放銃リスクを負うだけのリターンに欠けるとみて止めました。結果的には通ってましたが、待ち候補が特に限定される場合は、「通りそう」より、「当たり得る」読みを優先することを心掛けていれば、思わぬ大物手への放銃を避けられることも増えると思います。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top