麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第3回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第3回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

第一節一回戦A卓

▼対局者
私:シンプルなワキガ
Bさん:トトリ先生19歳
Cさん:タケオしゃん
石橋伸洋

牌譜はこちら

3-1-min

 南家のリーチを受けてひとまずは現物切り。

3-2-min

 前巡に東家がを通していますが、通っていなくても切りリーチにつきをまたぐ待ちは考えにくい。1シャンテンを維持します。

3-3-min

 をツモって待ちのテンパイに受けますが、このツモで一歩後退。待ちが実質悪形テンパイに近く、にくっつけばまだテンパイの可能性が残ります。「引くとしてもベタ降りとは限らない」からこその一打です。

3-4-min

 にくっついて再度テンパイ。親リーチも入りましたがをツモアガリ。安手ですが局面的に価値の高いアガリになりました。

3-5-min

 南家がリーチした時の手牌。が鳴き手の北家の現物なのでごく自然な打牌ですが、西家のに反応がなかったのでで当たることも稀でしょう。もし打リーチなら北家は最初の画像でを通せなかったので今回のアガリはありませんでした。

 「通っていないスジが多い河の強いリーチ」ほどアガリやすいと言えますが、ここまで結果にはっきり現れることは珍しいですね。本当に切りリーチがよいと言えるのかは結論を出しにくいところではありますが、先手を取れたところで楽には勝てない。天鳳名人戦というフィールドの凄みを見せつけられる一局でした。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top