麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第2回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第2回

CABO求人MEWS

第一節一回戦A卓

▼対局者
私:シンプルなワキガ
Bさん:トトリ先生19歳
Cさん:タケオしゃん
石橋伸洋

牌譜はこちら

2-1-min

 東3局、東家のASAPIN天鳳位はここで面子崩しの打。トップ目とはいえ親の1シャンテンで安そうな仕掛けに降りるほどではないとみていましたが、北家の仕掛けはドラアンコの可能性もあります。ドラアンコの可能性がどの程度あるかは、北家がタンヤオ手でどの程度仕掛けるかという打ち筋次第になりますが、もしそうであればは既に打ちづらく、からのチーでテンパイのケースであまり当たらなそうではありますが、テンパイしてもカンではリーチに行きづらいという判断でしょうか。

2-2-min

 一方1フーロ目にでチーされていることから、より上のマンズは通りそうです。南家のはポンしてクイタン1シャンテンに。先程打でメンツを崩したのも、完全に降りるとは限らないなら北家の仕掛けをケアすることに越したことはないという判断でしょうか。

2-3-min

 北家はドラ後付けの可能性があるにもかかわらず南家はツモ切り。これだと南家は1フーロのみですがテンパイの可能性も高そうです。テンパイしやすさだけなら打ですが、同じ1シャンテンなら南家の仕掛けにもケアするに越したことはないとみての打

 テンパイしやすいように真っ直ぐ押す選択との優劣は正直私には判断がつかないですが、「押すにしても真っ直ぐとは限らない」「引くにしても降りるとは限らない」ということを意識して優劣判断を怠らないことが強者たるうえで必須であるということは言えそうです。

2-4-min

 テンパイならもちろん勝負。

2-5-min

 一方南家はまだテンパイしていませんでしたが引きで一旦打に反応がなかったことで北家は安手であることが多く、東家もテンパイしていないことが多そうですが、受け入れロスがの1枚だけなら、「仕掛けをケアするに越したことはない」とみての打でしょうか。

2-6-min

 で振っても安いことが多く、テンパイ料もある以上これなら勝負。1000点ならノーテン罰符より安い放銃です。「降りるほどではないが、ケアするに越したことはない」、他家の仕掛けへの対応が見所な一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top