麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第34回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第34回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦C卓

▼対局者
多井隆晴
Bさん:独歩
Cさん:タケオしゃん
Dさん:トトリ先生19歳

牌譜はこちら

34-1-min

 を切り飛ばしてホンイツにしたいところですが、とポンしている東家がを切った後に手出しで打としています。

 大三元という役満がある以上、をトイツ以上で持っているならはなるべく残したいものです。そのよりを残したということははメンツ候補の一部である可能性が高い。は雀頭)からの打でテンパイならが当たり牌です。

 しかも東家の手が役牌×2の2翻止まりであれば、+メンツ候補(は雀頭)の1シャンテンくらいなら打としてを残しそうなものです。このことから他にドラを持っていて高打点の可能性が高いと言えます。

 それならこちらはまだノーテン。にくっついてもテンパイに取れる以上一旦は止めるべきでしょう。勝負手が入っても不要なリスクを負わないのが実力者の強みです。

34-2-min

 が通りました。がメンツ候補の一部であることを踏まえるともそれなりに通しやすくなりました。一方ソーズに関しては特に情報がないので、よりの方が東家の仕掛けに当たる可能性が高そうです。が3枚見えたので、くっつき1シャンテンとしてもを残す方がやや優勢でしょうか。

34-3-min

 東家はテンパイ。の切り出しが早いこともあり赤2枚の満貫手。のカンチャンから引きのリャンメン変化で切り出されたものでした。

34-4-min

 南家は満貫1シャンテンですが、高打点テンパイの可能性が高い東家に通っていないソーズをノーテンから2枚も勝負するのはベタ降りとの比較でも有利といえるか怪しいところ。それなら自分でを切っているとはいえ、アガリの可能性を残せる以上なおのことピンズ落とし。

34-5-min

 東家の当たり牌であるを引いてテンパイ。2人から高打点の仕掛けが入っているとはいえこれなら勝負に見合うとみてリーチでしょう。

34-6-min

 東家が一発でをつかみ満貫のアガリ。待ちを読み切ることは実力者であっても多くの場合は不可能ですが、相手の手牌構成を予測したうえで的確な押し引き判断を積み重ねていれば、今回のように結果的に相手の当たり牌を止めたうえでアガリ切れるチャンスも自ずと増えるのではないでしょうか。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top