麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第55回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第55回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節三回戦B卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Bさん: 独歩
小林剛
Dさん: シンプルなワキガ

牌譜はこちら

 55-1-min

 ダブドラ2もドラ3も打点はほぼ同じで、メンツ候補オーバーにつきを先に引かない限りは安牌が残っていた方がアガリを目指すうえでも有利。これならトップ目でなくてもペンチャンを落としていくところでしょう。ブロック数を意識していなければ選びにくい打牌かもしれません。

55-2-min

 裏目のツモですが受けが残ります。ツモで1シャンテンになった場合も、今度はトップ目とはいえ受けを残してを切ることが多そうです。ただしツモでもシャボテンパイ、受けが無くても比較的テンパイしやすいツモに関しては打とすることもそれなりにありそうではあります。

55-3-min

 東家がをトイツ落とししたのですぐにテンパイ。

55-4-min

 点数状況的にはあまり押したくない西家からのリーチ。両スジで一応凌ぐことも可能ではありますが、高打点良形テンパイならよほど待ちが絞れない限りは押しに分があるとみます。「降りた方がよいと判断できるほど待ちが絞れている」のであれば手牌を短くしても降りることは容易なはずなので、今回のように面子候補と手役が揃っていて高打点が見込める場合に関しては、余裕のあるトップ目であっても守備力が落ちるリスクはさほど気にせず鳴いていって構いません。

55-5-min

 トップを決定づけるアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top