麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第105回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第105回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節二回戦C卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
Bさん:独歩
石橋伸洋
Dさん:コーラ下さい

牌譜はこちら

105_1-min 平和よりがポンできる完全1シャンテンへの変化をみる打受けを残しつつポンテンが取れる打という選択肢もありますが、西家が中張牌連打で国士かチートイツ模様、北家もいきなりドラを切ってマンズ一色傾向。が鳴きにくく使われている可能性も比較的高いので、今回の局面ならなおさら平和の打点重視で打とします。

105_2-min 一見ツモ切りそうなを残して打。自分で切っているをツモるくらいしか変化がありませんが、西家北家にはよりの方が将来危険になりやすい。しかも北家がマンズ一色なら-は待ちとして弱く、逆にソーズは誰も使ってなさそう。変化はツモくらいと言いましたが、フリテンが残る可能性の高いツモでもを落としていくのかもしれません。場を確認していてもなかなか発想できず、発想していてもなかなか選べなさそうな残しです。

105_3-min イーペーコー目もある完全1シャンテンに取らずに打。これくらいでもまだソーズ変化をみるようです。

105_4-min ここでラス牌のツモ!

105_5-min そして--待ちが残ってテンパイ即リーチ。

105_6-min テンパイが入った南家から一発で11600和了。点数状況的にも、河を見たの危険度的にも南家の放銃は致し方ないところ。残り3枚のは何と全部山に残っていました。次局も南家からアガってこの半荘はトップで終了。まさしく「黒いデジタル」の真骨頂と言える一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top