麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第104回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第104回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節二回戦C卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
Bさん:独歩
石橋伸洋
Dさん:コーラ下さい

牌譜はこちら

104_1-min を残すとツモで手広いヘッドレス1シャンテンになる変化や、ツモでドラ雀頭になる変化が残りますが安全度で1枚切れ中を優先。現状でも他家リーチが入ったとして1シャンテンからそれなりに押せる手なので、細かい変化よりは安牌優先というところでしょうか。

104_2-min が2枚切れにつきダマで手変わり待ちというところですが、東も4枚見えなのでダマテンにとるとドラツモで待ちがよくなりません。ダマでをツモることもありますが、この点数状況ならテンパイ取りダマでをツモるより、を残してツモ待ちリーチが打てる方がよいとみて打としそうです。打ツモなら打リーチとします。

104_3-min 北家はを切っているのにリーチ宣言牌ががフォロー牌なら-待ちはいかにもありそう。手広く受ける打ならテンパイ時にが出ていきませんが、がフォロー牌ならから打の両スジ待ちも有り得ます。よってリャンメン2翻手でを押すには見合わないとみてはスルー、ここもツモ切りでメンゼンテンパイならを勝負するかどうか判断というところでしょうか。

104_4-min 結果的には南家がドラをツモった後にをツモアガリしましたが、--が残り3枚とも山。北家は赤5ツモ狙いでを残したチートイツの単騎でした。

新着記事

Return Top