麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第167回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第167回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節二回戦C卓

▼対局者
私:タケオしゃん
Bさん:就活生@川村軍団
Cさん:シンプルなワキガ
Dさん:コーラ下さい

牌譜はこちら

 167-1-min

  東1局の親の配牌。アガリにはかなり遠そうですが…

167-2-min

 が重なりポンしてリャンメン落とし。この手ならスルーしてをツモったところでメンゼンで進めるメリットは薄いので、第124149回とは異なり1鳴きがよいとみます。

167-3-min

 元々アガリにかなり遠い手なので、他家のアガリ率を落とす牽制としても効果的です。

167-4-min

 を重ねて鳴けば1翻つきますが、これなら重なりからの役満までみたいところ。ツモで1シャンテンを逃しますが、高打点狙いに加えピンズを余らせることでより他家に警戒されやすくなる打という手もありそうです。

167-5-min

結果的には西家が500−1000を和了。あの手牌が1000点の失点で終わるならそれもまたよしでしょう。次回に続きます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top