麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第200回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第200回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節四回戦B卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Ⓟ中嶋隼也
Cさん:独歩
Dさん:シンプルなワキガ

牌譜はこちら

 トビ寸前の南家が跳満ツモ。勝負はまだ続きそうです。

 2軒リーチに挟まれた西家が東家の現物を切り南家が和了。裏1で7700。次巡以降安牌が増えなければほぼノーヒントで放銃リスクを負うことになるので、真っ直ぐ押す打との比較が気になります。

 再び2軒リーチ。南家もタンヤオドラ3テンパイでを切りますが東家に放銃して裏1の12000。東家には待ちも有り得るので打がよかったでしょうか。これでトップ争いもラス争いも分からなくなりました。

 で先制リーチ。対門もリーチの現物含みの待ち、ダマでも満貫以上の手で追いつきますがをつかんで振り込み。とうとうトップが入れ替わりました。

 そこから更にアガリを重ねオーラスもツモアガリ。これで独歩氏は今節4戦全トップを達成。トータルでもダントツになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top