麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第235回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第235回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

最終節三回戦

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
多井隆晴
Cさん:独歩
Dさん:トトリ先生19歳

牌譜はこちら

 ヤオチュウ牌が多く切れてあまり手変わりが無いのもあり、6巡目の時点で8s単騎リーチとしそうでしたが、4pをツモって両スジ単騎待ちでリーチ。他家視点からはリャンメン落としに見えるのもあり、もし4pが不要であればなかなか止まらなそうです。

 ラス目ということもあり現物待ちでも平和ドラ1なら追っかけリーチと思いきや一旦ダマ。ツモの手変わりも見たというところでしょうか。東家が単騎であることは読みようがないですが、ダマにして次巡以降ツモなら結果的に放銃を回避できることになります。シミュレートに基づく基本的なリーチ判断は面子スライドによる手変わりや放銃回避までは考慮されていないので、実戦でこのあたりの判断がどう変わるのか気になるところです。

 結局は手変わりしないまま2巡後にツモ切りリーチ。ずっとダマにするくらいなら即リーチがよさそうですが、ダマにした場合でも次巡以降リーチの権利は残ると考えるとこのあたりの判断も迷うところです。

 結果は西家が南家に放銃。南家が東家の現物待ちダマからツモ切りリーチに移行したケースは想定できますが、他に両者に明確に通りやすい牌も無い以上やむを得ない放銃でしょうか。

 で出アガリできませんがダマ。トップはほぼ確定しているので、総合2位を争っている東家からの直撃狙いというところでしょうか。

 ポンで単騎待ちの形に。これでツモってきた何らかの中張牌に振り替えることができるので直撃を狙いやすくなります。ただツモアガリでも東家に親かぶりさせることができ、残り2枚のが東家から出てくる展開は期待しにくいのでを切ってフリテンとはいえポン打としそうです。

 トイメンからが出ましたが、東家から直撃するかツモればこのままアガるより総合2位になりやすいので見逃し。しかし東家視点からは他家の見逃しでなければかかり得ないラグが発生することで見逃しを読まれてしまうかもしれません。

 北家もラグのかかり具合から見逃しを予想したのか次のは止めました。結果は南家がツモ。東家からの直撃とはなりませんでしたが親かぶりさせることに成功しました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top